コラム

使用用途に合わせた最適な収納家具の選び方

一言で収納家具といっても、共有収納や個人ロッカー、書庫、倉庫などいろいろあります。
使いやすい収納のためには、誰が、どのような収納物を、どのサイズの収納庫に収納するか、を明確にして選ぶことが必要です。
それでは、たくさんの種類の収納家具の中から何をどのように選べばよいのでしょうか?
今回は、使用用途に合わせた最適な収納家具の選び方について、3つのポイントにわけて、設置例とともにご紹介します。

1.収納庫の種類


収納庫には、バリエーションが豊富にあります。収納物の大小や種類によって、引き出しや扉の形状など様々です。 ここでは代表的な10種類の収納庫についてご紹介します。


1_1収納庫の種類.jpg



< Point!>  壁面収納・収納システムでスペース効率UP!


収納庫の種類がバラバラだと無駄なスペースができ収納効率が悪くなります。壁面収納でさまざまな収納物を効率的に収納できる組み替え自在の収納システムはとてもオススメです。


new_1_3種類ポイント.JPG


2.収納庫のサイズから選ぶ


収納庫の種類がきまったら、次はサイズをきめます。使用する場所やレイアウトによって必要条件は変わります。高さはもちろん、幅や奥行きも合わせて検討することでスペースを有効に活用できます。


2大きさ.jpg


< Point!> 収納庫のサイズはファイルの大きさが鍵!


一般的に、オフィスで一番使われているファイルはA4サイズですが、ご利用いただいているファイルに最適な収納庫のサイズを選びましょう。


2大きさポイント.jpg



3.扉タイプで選ぶ


同じファイルを収納するにも、扉のタイプで運用の利便性が変わります。検索性、セキュリティ、スペース効率が扉タイプを選ぶカギです。


3_1扉.jpg



3_2プラスα.JPG


3_3扉プラスアルファ.jpg


【関連コラム】快適なオフィスを実現するレイアウトとは


4.設置例


■執務エリアの収納


壁面いっぱいを収納として有効活用できる収納システムや、デスクエンドにおいて通路代わりとする収納、コピーコナーで作業台としても活用できる収納など様々な使用方法があります。また、オフィスになじむホワイトタイプ以外に、上質で洗練された空間を演出するブラックタイプ、やわらかい落ち着いた雰囲気を感じさせる木目タイプなど様々なカラーや素材があります。


4設置例1.JPG


■スペース効率と使い勝手を両立する個人ロッカー


1人1人が入れ方を工夫できるパーソナルロッカーはフリーアドレス運用時には必須です。スペース効率を考慮した壁面収納の他に、通路に設置すれば、異なるエリアの境界としても演出できます。


4設置例2.JPG


■倉庫やバックヤードなどアクセスしやすいリーズナブルな収納


倉庫には、組み立て・解体か容易で、且つ取り出しにスムーズな扉のないタイプの収納庫がおすすめです。ファイルボックスの色や種類を合わせることで執務内でもおしゃれに収納できます。


4設置例3.JPG


■コミュニケーションスペースを兼ね備えた収納


収納庫にミーティングスペースやハイカウンターなどの+αの機能を付けた新しい収納庫の使い方もおすすめです。


4設置例4.JPG


■共有エリアで美しく見せる収納


空間を緩やかに仕切ったり、高さの違うモジュールの組み合わせてフレキシブルに空間をアレンジできる、開放的なオープンスペースに合うデザイン性の高い収納もあります。収納物を両側から取り出すことができる新しい使い方もできます。


4設置例5.JPG


5.さいごに

以上、使用用途に合わせた最適な収納家具の選び方についてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?収納家具選びには、目的から、それに合った収納家具の種類、ファイルの大きさ、扉の選択、レイアウトまで様々なことを考慮しながら決めることが必要です。コクヨではお客様のオフィスに最適な収納家具の見直しについてご提案させていただきます。ぜひ、お気軽にご相談ください!


【お問合せ】収納家具リニューアルのご相談はこちらから


お問合せCONTACT

PAGETOP