コラム

サテライトオフィスとは?導入するメリットや注意点を徹底解説

近年、テレワークや在宅勤務など多様な働き方を実現する企業が増加し、
サテライトオフィスに注目が集まっています。
この記事では、サテライトオフィスの導入を検討する方に向けて、概要や種類をご紹介します。
導入するメリットや注意点も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

オフィスの新規開設を検討中の方へ
オフィスの新規開設についてまずは無料相談
オフィスデザインやレイアウトを検討する際の参考に
【無料ダウンロード】オフィスレイアウト事例集

1.サテライトオフィスとは?


サテライトオフィスとは、企業や団体の本拠地から離れた場所に設置されたワーキングスペースです。
本拠点を中心と見た際に「satellite(衛星)」のように設置されることから名付けられました。
企業によって規模は異なりますが、小規模オフィスを設けるのが一般的です。
サテライトオフィスの勤務は、柔軟に働けるテレワークの一種ともいわれています。
モバイルワークや在宅勤務などと同じ位置づけです。

また、業務や事業に重きを置いて
、本格的な設備を備える支社や支店と比べて、
サテライトオフィスは多様な社員の働き方の実現に重きを置き、設備は必要最小限になる事が多いです。
社員の通勤しやすい場所に、少人数が利用する小規模のサテライトオフィスが増加しています。


サテライトオフィスの様子


2.サテライトオフィスが注目されている理由


サテライトオフィスは、政府が推進する「働き方改革」と
コロナ禍によるテレワーク普及によって、注目されるようになりました。
急きょテレワークを導入した事で「
自宅のインターネット環境が整っていない」「子供がいて自宅での仕事が難しい」などの課題があがっています。
インターネット環境や必要最低限の設備が整っているサテライトオフィスなら、
それらの課題解決に繋がるため、導入する企業が増えています。

【関連コラム】オフィス分散とは|目的・メリット・注意点・導入時のポイントまで解説

3.サテライトオフィスの3つの種類


サテライトオフィスは設置される場所や目的によって呼称が異なります。
ここでは、サテライトオフィスの3つの種類について解説します。

①都市型サテライトオフィス
都市型は、交通アクセスの良い都市部に設置するオフィスです。
郊外に本社をもつ企業が、都市部にサテライトオフィスを設置するケースが多く見られます。
都市部にオフィスがあれば、営業で従業員が都心に行っても、
営業先から郊外の本社まで戻る必要がなくなります。
スムーズに仕事を進められ、移動のストレスや身体への負担も減るため、
結果的に生産性のアップが期待できます。また、通勤コストや移動時間の削減につながります。

②郊外型サテライトオフィス
郊外型は、郊外の住宅都市に設置するオフィスです。
例えば、東京に本社を構える企業が神奈川や千葉などにサテライトオフィスを設けるケースがあげられます。
これまで郊外から都市部まで通勤していた従業員に
サテライトオフィスで勤務してもらえば、通勤コストを削減できます。
郊外型を導入すれば、従業員のプライベートの時間を増やせるため、ワークライフバランスの充実も見込めます。
仕事と育児や介護の両立が可能なため、従業員の離職防止対策としても最適です。

③地方型サテライトオフィス
地方型は、都市部に本社をもつ企業が地方の遠隔地に設置するオフィスです。
地方は都市部と比較して賃料が低く、コストをおさえられます。
これまで拠点がなかった地方に設置すれば、企業の事業拡大にもつながります。
また、地方で働くことを希望する人材を確保することも可能です。
企業の人材不足を解消し、地域活性化に貢献できるため、事業所を地方に複数設けるのもひとつの手です。


郊外型サテライトオフィスのイメージ


4.サテライトオフィスを導入するメリット


サテライトオフィス勤務は、企業や従業員に多くのメリットを与えます。
ここでは、サテライトオフィスを導入する5つのメリットについて紹介します。

・コスト削減ができる
サテライトオフィスを導入によって、移動時間の削減ができ、
従業員の通勤コストや移動コストをおさえられます。
本社の規模を縮小して、いくつかのサテライトオフィスを構える事で、賃料の削減も見込める可能性もあります。
特に地方は都市部よりも賃料をおさえられるため、
地方型サテライトオフィスを導入してコスト削減を目指す事もできます。

・生産性がアップする
通勤時間が削減される事で、生産性アップが期待できます。
例えば、営業職の場合は、オフィスと営業先の移動を最小限にでき、他の業務に時間を有効活用できます。
また、プライベートな時間が増えればワークライフバランスが向上し、
結果的に従業員のモチベーションアップも見込めます。

・育児や介護との両立ができる
自宅から近い場所にサテライトオフィスがあれば通勤時間を削減できるため、育児や介護に時間を費やせます。
例えば、急に子供が発熱して幼稚園から呼び出された時、
自宅に近いサテライトオフィスであれば臨機応変に対応することが可能です。
育児や介護中を理由に退職したいと思っている従業員の離職を防げるため、
企業側にとってもメリットが大きいといえます。

・災害時のBCP(事業継続計画)対策ができる
BCP(事業継続計画)とは、災害などの緊急事態に直面した際に、
事業を継続もしくは早期復旧させるための計画です。
本社以外にオフィスを設けることで、リスクを分散でき、事業を継続、早期復旧させることが可能です。
災害は予測ができないので、万一の事態に備えてBCP対策としてサテライトオフィスを導入しておくと良いでしょう。

【関連コラム】BCPとは何かわかりやすく解説|対策が必要な理由から事例まで合わせて紹介


・優秀な人材を確保できる
地方型サテライトオフィスを導入した場合、都市部では働けない地方の勤務を希望する優秀な人材を確保できます。
地方出身の人が地元に戻って働くUターンや、
都市部で育ち地方に移住して働くIターンを活用したいと考える人材も採用することが可能です。
都心に通うのが難しく転職や退職を考えている従業員の離職も防げます。

5.サテライトオフィスを導入する際の注意点


サテライトオフィスを導入する際は、前もって準備する必要があります。
ここでは、サテライトオフィスを導入する際の注意点について解説します。

・万全なセキュリティ対策を備える
自社のサテライトオフィスではなく、外部のサテライトオフィスサービスを利用する際は、
よりセキュリティ面に気を付ける必要があります。
自社以外の人が出入りするため、情報漏洩のリスクが高まり、
セキュリティソフトを支給するといった対策が必要です。
また、Web会議の話し声からも情報漏洩の恐れがあるため、ブースを使用するなど注意が必要です。

・コミュニケーションツールを整える
サテライトオフィスを導入した場合、従業員と離れた場所で働くため、
円滑なコミュニケーションが難しくなります。
また、進捗確認や評価が従来よりも行いづらくなる可能性があります。
遠隔でコミュニケーションが図れる環境を整えるには、オンライン会議を行うためのWeb会議システムや、
気軽に利用できるグループチャットの活用が有効です。

【関連コラム】テレワークでのコミュニケーションにおける4つの課題点と解決策を紹介


サテライトオフィス WEB研修


6.拠点オフィスが整えるべき環境


サテライトオフィスを導入した場合、既存の拠点オフィスが整えるべき環境をご紹介します。

・WEBミーティング用のブースを用意する
拠点で働く従業員が、サテライトオフィスを利用する従業員とのコミュニケーションを行う場合、
WEB会議システムを使う事が多いでしょう。
ただし、自席の場合は周囲の視線や音が気になる事が多く、
会議室はミーティングの予約が埋まっていて使えないケースも少なくありません。
WEBミーティング用のブースがあれば、これらの悩みを解消する事ができるため導入をおすすめします。


サテライトオフィス ブース


参考商品:コクヨ WORKPOD[ワークポッド]



サテライトオフィス ブース


参考商品:コクヨ inframe[インフレーム]


【関連コラム】オフィスにWEB会議や個人ワークに役立つ「集中ブース」を導入|設置方法や注意点を紹介

7.サテライトオフィスを導入した企業事例


サテライトオフィスを実際に導入し、成功した企業事例について紹介します。

住友重機械工業株式会社 田無製造所様
空き部屋になっていた遊休エリアをサテライトオフィス化した事例です。
社員が目的に合わせて働く場所を自由に選べるよう工夫されています。
他拠点で勤務する社員も都心まで行かずに働けるようになりました。


サテライトオフィス 事例


【納入事例】住友重機械工業株式会社 田無製造所様 (東京都西東京市)


8.まとめ

サテライトオフィスは、多様な働き方を実現させるための手段の1つです。
働き方改革や、コロナ禍によりテレワークを実施する企業が増加する中、
様々な企業で導入されるようになりました。
導入の際はコミュニケーションツールの活用やセキュリティ対策も併せて検討しましょう。
年間25,000件以上の豊富な実績のあるコクヨマーケティングは、お客様の働き方に合わせた空間を提案します。
オフィス移転をはじめ、移転後のオフィス維持・運用まで、ワンストップでサポートします。
サテライトオフィスづくりのご相談も承りますので、お気軽にお問合せください。


サテライトオフィスを検討中の方へ
サテライトオフィスについてまずは無料相談

オフィスデザインやレイアウトを検討する際の参考に
【無料ダウンロード】オフィスレイアウト事例集

columlast.jpg

よくあるご質問FAQ

オフィス移転に関して

コストを抑えて移転を行いたいです。どんな方法がありますか?

コストを抑えた移転は、移転先ビルの選定から始まります。
お客様の働き方から、出勤率やオフィス機能を見極め、契約面積を最適化する事が重要になります。
ぜひ、移転先のビル検討からご相談ください。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もりを依頼する際に用意しておくことはありますか?

移転費用は、オフィスの面積や諸条件によって大きく異なります。

基本的には弊社の担当者が現場へお伺いし、現地調査を行った上で、お見積りを作成いたします。
現状の平面図レイアウト図や移転先の図面をご用意いただければ、より早くお見積りが可能です。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もり段階での費用は発生しますか?

基本的にお見積りは無料で対応しております。費用が発生する場合は、事前にご連絡いたします。お気軽にご相談ください。

大体どのくらい前から準備をすれば良いですか?

平均8か月~1年程度の準備期間が必要です。規模にもよりますが、短期の移転でもコクヨマーケティングなら、計画立案から移転先オフィス運用までのスケジュール提案・管理が可能です。
「初めてのオフィス移転お役マニュアル」を無料配布中です。スケジュール管理に役立つエクセル版のチェックリスト付きです。
ぜひ、ダウンロードしてご活用ください。

オフィス移転の経験がないため、何から手を付ければ良いか分かりません

お客様の環境・状況によって、何から始めれば良いのかは全く異なります。
コクヨマーケティングでは、ヒアリングや現状調査を行う事で、お客様それぞれのゴールイメージを明確化し、いつまでに何を行う必要があるのかを適切にご提案いたします。

移転準備の業務まで手が回るか心配です

年間25,000件以上の実績を持つコクヨマーケティングは、お客様の移転プロジェクトを円滑に進めるために、移転先ビルの選定かららオフィスの運用まで、ワンストップでサポートいたします。経験豊富な弊社のスタッフにおまかせください。

オフィスのリニューアルに関して

社内のレイアウトを変更したいのですが、現状図がありません

正確なレイアウト設計を行うため、直接現場へお伺いして実測し、現状図を作成いたします。OA機器、サーバー、電話交換機の配線状況や、家具配置の安全性なども考慮した上で、現状図作成から変更図の作成も可能です。

業務を続けながら施工してもらうことは可能ですか?

ご依頼の内容によって異なります。家具の移動や配線工事であれば、業務を続けながら施工を行う事が可能です。
造作やパーティションの解体など、工具の音が大きく、作業スペースが必要な場合は、ビル管理と調整しながら、土日や夜間を利用して安全に施工を行います。お客様ごとに詳細なお打ち合わせをし、最適なスケジュールをご提案いたします。

どのくらいの費用がかかりますか?

リニューアル費用は、オフィスの現状や、お客様の解決すべき課題、目指す働き方によって、大きく異なります。
コクヨマーケティングでは、オフィスづくりのプロフェッショナルがヒアリングや現状調査を行い、家具やICT、内装工事からオフィスの運用方法まで、幅広いご提案をいたします。お見積りは無料で対応しております。お気軽にご相談ください。

フリーアドレスやWEB会議の導入など、新しい働き方の提案も行っていただけますか?

はい。社会の変化やお客様の課題に対して、柔軟に対応できる働き方を様々な角度からご提案いたします。時代の動きに合わせて、これからの新しい働き方を一緒に考えていただけるのが「コクヨライブオフィス」です。コクヨ社員が多様な働き方を実践するオフィスをご案内させていただきます。
詳しくはオフィス見学のページをご確認ください。

各部署の意見を取り入れたリニューアルを行いたいです。何か方法はありますか?

働く環境診断「はたなびPro」によって、社員の意識やオフィス環境の課題の見える化と、優先順位付けが可能です。
各社員に専用WEBページの案内をメールで発信し、任意の期間内で64問の質問に回答して頂く仕組みです。
コクヨマーケティングでは、診断結果をもとにレポートを作成、お客様に合ったプランをご提案いたします。診断は無料です。お気軽にお問合せください。

お問合せCONTACT

PAGETOP