コラム

ファシリティマネジメントとは|メリットや手順・認定資格などわかりやすく解説


ファシリティマネジメント(FM:Facility Management)とは、「企業・団体等が組織活動のために、施設とその環境を総合的に企画、管理、活用する経営活動」のことをいいます。この記事では、ファシリティマネジメントと施設管理の違いや、メリット、実施の手順、認定資格などわかりやすく解説しています。


オフィスのリニューアルを検討中の方へ


オフィスのリニューアルについてまずは無料相談

オフィスデザインやレイアウトを検討する際の参考に
【無料ダウンロード】オフィスレイアウト事例



ビル.JPG


1.ファシリティマネジメントとは


ファシリティとは土地・建物・設備・備品などの「固定資産」のことを指します。その施設の建物や設備を最適化し、総合的・戦略的に管理する業務をファシリティマネジメントといいます。


これはアメリカで生まれた新しい経営管理方式で、経営資源の「ヒト・モノ・カネ」に続く第4の資源ともいわれています。


・施設管理との違い


施設管理とは、老朽化した建物を修繕、または施設の保全を行うことです。それに対し、ファシリティマネジメントとは、土地の更新の検討や売却など経営目線で土地や建物を「最適化」する役割を担っています。

2.ファシリティマネジメントとLCC


製品や構造物(建物や橋、道路など)がつくられてから、その役割を終えるまでに発生する費用のことをLCC(ライフサイクルコスト Life cycle cost)といいます。


施工後の大部分はランニングコストが占めるので、ファシリティマネジメント(FM)によって施設のLCC(ライフサイクルコスト)の費用を抑えることが重要な課題になってきます。


青空とビル 企業イメージ.jpg


3.ファシリティマネジメントが日本で広まった背景


ファシリティが重要な経営資源といわれるようになったのはバブル経済後になります。それまでの日本は、経済成長とともに建設する際の資金調達が容易であったため、建物をつくっては壊す「スクラップ&ビルド」という考え方が主流でした。


しかしバブル経済の崩壊後は建設資金の調達が難しくなり、建物を有効活用することが求められるようになります。こうした背景から設備や利用環境を戦略的に管理し、将来を見据えたマネジメントが重要視されるようになりました。

4.ファシリティマネジメントのメリット


ここではファシリティマネジメントの取り組みによって得られるメリットを解説します。


仕事の手順を説明するビジネスパーソン.jpg


固定資産を最大限に利用できる


老朽化した建物を改築しテナントとして貸出すれば、空きスペースを有効に活用できます。定期的なメンテナンスを行うことで、経年劣化による資産価値の減少を止められます。またオフィス内の不要な書類を整理し、空いたスペースをリフレッシュエリアやミーティングのスペースとして有効活用すればコミュニケーション活性化にも繋がるでしょう。


コストダウンできる


例えばオフィス空間にユニバーサルレイアウトを導入すると、執務スペースを有効に活用できます。




4ab7ae4ddcc1166a88eca9ab10a7c1c5d16d6a95.jpg


ユニバーサルレイアウトとは、役職席をなくしてデスクを横一列にする配置のことです。部署やチームの座席を分けたり、デスクの配置を変えたりするなどのレイアウトを変更する必要がありません。


そのため部署内の人員が増減しても最小限の労力やコストで済み、スピーディーに組織変更ができます。また配線の引き直しなどの手間も省くことができます。



【関連記事】オフィスのユニバーサルレイアウトとはメリット・デメリットや導入のコツを解説


5.ファシリティマネジメントのレベル


日本ファシリティマネジメント協会は、ファシリティマネジメントを以下、3つのレベルに分けています。


経営


経営は、ファシリティマネジメントの方向性や施策の目的を決める最初の段階になります。ピラミッド構造の頂点にあり、課題を明確化し、予算や施工の段取りなどの今後の方針を決めます。


管理


管理は、ファシリティマネジメントを実施する際のコストや、経営の最適化を決める段階になります。資材の費用や業者の選定など、「経営」で決定したことを具体的に実行できるまで落とし込みます。


日常業務


主に清掃や建物の修繕などの業務を行い、土地や建物の維持・管理をします。経営と管理で決定した方針を実行する役割になります。


※参考:ファシリティマネジメント(FM)とは|日本ファシリティマネジメント協会


チェックリスト.jpg


6.ファシリティマネジメントのPDCAサイクル


ここではファシリティマネジメントのPDCAサイクルから、工程ごとの流れを解説します


PDCAサイクル.jpg


【Plan】ファシリティマネジメントを計画


まずは、自社の建物・施設などの現状を把握しましょう。そして経営を最適化させるための改善点を洗い出し、3〜5年の間で実現可能な計画を立てましょう。


【Do】プロジェクト管理


次にオフィスの移転やリニューアルなど、立てた計画を具体的に検討・進行し、管理していきます。プロジェクトに関わる社員だけでなく、修繕やリフォームなどを依頼する業者の人たちにも目的を共有しましょう。


【Check】評価


プロジェクトを実施した後に、目的の評価を行います。【Do】プロジェクト管理の段階がどれだけ達成できたかを評価します。


【Act】改善


最後に【Check】評価の具体的な改善点を上げ、今後どのような対策を行っていくべきかを検討しましょう。


参考:ファシリティマネジメント(FM)とは|日本ファシリティマネジメント協会



7.ファシリティマネジメントの認定資格


ファシリティマネジメントの理解を深めるために、資格を取得する方法もあります。認定ファシリティマネジャー(CFMJ)について解説していきます。


認定ファシリティマネジャー(CFMJ)とは


認定ファシリティマネジャー(CFMJ)とは、公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会など3つの団体が協力して実施している資格制度です。ファシリティマネジメントに関する専門知識や能力の証明になります。


認定ファシリティマネジャー(CFMJ)の受験資格


認定ファシリティマネジャー(CFMJ)に受験資格はありません。ただし、合格後の「認定ファシリティマネジャー登録」にはファシリティマネジメントの実務経験が必要になります。実務経験の期間は4年制大学卒で3年以上など学歴によって異なるため、事前に確認しておきましょう。合格5年以内に登録が完了すると資格保持者となります。


認定ファシリティマネジャー(CFMJ)の難易度


認定ファシリティマネジャー(CFMJ)は、例年の合格率が40%程度の難易度です。「学科試験」と「論述試験」に分かれており、学科試験は得点70%以上が合格になります。



参考:認定ファシリティマネジャー(CFMJ) 資格者統計データ(受験者数・合格者数・資格登録者数)|日本ファシリティマネジメント協会



認定ファシリティマネジャー(CFMJ)資格取得の手順


認定ファシリティマネジャー(CFMJ)資格取得の手順は、以下の通りです。



1.受験申込


2.学科試験


3.論述試験


4.合格発表


5.資格登録


学科試験に合格した後は、論述試験を受ける必要があります。論述試験が受けられるまで、約1ヶ月の期間があります。合格の通知は試験から約2ヶ月後に「受験者マイページ」もしくは通知で郵送されます。その後に、新規登録の申請を行います。


23653774_l.jpg


8.まとめ


ファシリティマネジメントを導入し、土地や建物、施設什器、そしてそれを取り巻く環境を効率的に活用していきましょう。そして快適なオフィス作りもファシリティマネジメントのひとつです。オフィスリニューアルや移転をきっかけに自社の従業員が働きやすい環境を作り、ファシリティマネジメントの効果を高めましょう。



コクヨマーケティングは、年間25,000件以上の豊富な実績から、お客様の働き方に合わせた空間を提案します。オフィス移転後の維持・運用に至るまでサポートを行うため、自社のファシリティマネジメントを検討する際は、ぜひお問合わせください。


オフィスのリニューアルを検討中の方へ
オフィスのリニューアルについてまずは無料相談

オフィスデザインやレイアウトを検討する際の参考に
【無料ダウンロード】オフィスレイアウト事例集


3_オフィス移転・改装・レイアウト問合せ.jpg


よくあるご質問FAQ

オフィス移転に関して

コストを抑えて移転を行いたいです。どんな方法がありますか?

コストを抑えた移転は、移転先ビルの選定から始まります。
お客様の働き方から、出勤率やオフィス機能を見極め、契約面積を最適化する事が重要になります。
ぜひ、移転先のビル検討からご相談ください。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もりを依頼する際に用意しておくことはありますか?

移転費用は、オフィスの面積や諸条件によって大きく異なります。

基本的には弊社の担当者が現場へお伺いし、現地調査を行った上で、お見積りを作成いたします。
現状の平面図レイアウト図や移転先の図面をご用意いただければ、より早くお見積りが可能です。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もり段階での費用は発生しますか?

基本的にお見積りは無料で対応しております。費用が発生する場合は、事前にご連絡いたします。お気軽にご相談ください。

大体どのくらい前から準備をすれば良いですか?

平均8か月~1年程度の準備期間が必要です。規模にもよりますが、短期の移転でもコクヨマーケティングなら、計画立案から移転先オフィス運用までのスケジュール提案・管理が可能です。
「初めてのオフィス移転お役マニュアル」を無料配布中です。スケジュール管理に役立つエクセル版のチェックリスト付きです。
ぜひ、ダウンロードしてご活用ください。

オフィス移転の経験がないため、何から手を付ければ良いか分かりません

お客様の環境・状況によって、何から始めれば良いのかは全く異なります。
コクヨマーケティングでは、ヒアリングや現状調査を行う事で、お客様それぞれのゴールイメージを明確化し、いつまでに何を行う必要があるのかを適切にご提案いたします。

移転準備の業務まで手が回るか心配です

年間25,000件以上の実績を持つコクヨマーケティングは、お客様の移転プロジェクトを円滑に進めるために、移転先ビルの選定かららオフィスの運用まで、ワンストップでサポートいたします。経験豊富な弊社のスタッフにおまかせください。

オフィスのリニューアルに関して

社内のレイアウトを変更したいのですが、現状図がありません

正確なレイアウト設計を行うため、直接現場へお伺いして実測し、現状図を作成いたします。OA機器、サーバー、電話交換機の配線状況や、家具配置の安全性なども考慮した上で、現状図作成から変更図の作成も可能です。

業務を続けながら施工してもらうことは可能ですか?

ご依頼の内容によって異なります。家具の移動や配線工事であれば、業務を続けながら施工を行う事が可能です。
造作やパーティションの解体など、工具の音が大きく、作業スペースが必要な場合は、ビル管理と調整しながら、土日や夜間を利用して安全に施工を行います。お客様ごとに詳細なお打ち合わせをし、最適なスケジュールをご提案いたします。

どのくらいの費用がかかりますか?

リニューアル費用は、オフィスの現状や、お客様の解決すべき課題、目指す働き方によって、大きく異なります。
コクヨマーケティングでは、オフィスづくりのプロフェッショナルがヒアリングや現状調査を行い、家具やICT、内装工事からオフィスの運用方法まで、幅広いご提案をいたします。お見積りは無料で対応しております。お気軽にご相談ください。

フリーアドレスやWEB会議の導入など、新しい働き方の提案も行っていただけますか?

はい。社会の変化やお客様の課題に対して、柔軟に対応できる働き方を様々な角度からご提案いたします。時代の動きに合わせて、これからの新しい働き方を一緒に考えていただけるのが「コクヨライブオフィス」です。コクヨ社員が多様な働き方を実践するオフィスをご案内させていただきます。
詳しくはオフィス見学のページをご確認ください。

各部署の意見を取り入れたリニューアルを行いたいです。何か方法はありますか?

働く環境診断「はたなびPro」によって、社員の意識やオフィス環境の課題の見える化と、優先順位付けが可能です。
各社員に専用WEBページの案内をメールで発信し、任意の期間内で64問の質問に回答して頂く仕組みです。
コクヨマーケティングでは、診断結果をもとにレポートを作成、お客様に合ったプランをご提案いたします。診断は無料です。お気軽にお問合せください。

お問合せCONTACT

PAGETOP