ラウンジ・多目的スペース

「スタジアム」と名づけたパートナーズラウンジには、家具の素材に関連企業の提供する間伐材を使用。地域との関係性を強化できることを示すショーケースとしての役割を果たしています。

執務スペース

フリーアドレス、クリアデスクルールを採用することで 働きやすいすっきりとした空間になっています。一時的に利用するメンバーなど、人数の増減に対応できるようになりました。

お客様の声

築20年経過した 地区FMセンター・営業所をリニューアルし、誰もがいきいきと活躍できるワークプレイスの変革を目指しました。

FMセンターの資産である図面の集中収納と、間伐材の木材を多用した「スタジアム」家具の空間をつくることができたので、パートナー・メンバーが繋がる空間ができました。
執務室は、フリーアドレスを採用することで、すっきりとした、働きやすい環境を整備することができました。

(※ FMセンター=ストック対応統合型営業所)