待合・受付スペース

拘りのある建築を生かすため、家具は白で統一し、明るくやさしい雰囲気のエントランスホールに。

執務スペース

訪問看護ステーションとして使用。仕事をしながら適度に体が動かせる、360度グリディングチェアー<ing>を採用しています。

打合せスペース

人数や打合せ内容の変化に合わせて動かしやすい、可動式の家具を採用した、小・中会議室。

応接スペース

ドイツの家具メーカー・ウィルクハーンの革張りでデザイン性の高い家具を選定することで、重厚感のある空間を演出した、応接室。包み込まれるような座り心地の良さもご来客の皆様に好評。

お客様の声

会員が頻繁に会館に訪れるようになり、会員同士の交流が増加しました。
また他団体から施設利用依頼が多数入り、府中市医師会のPRに繋がっています。
ingは訪問看護スタッフからも高評価な上、一般事務員にもingを採用したことで職員全員のモチベーション向上に繋がった。
ファイリングの見直しにより、業務効率向上やカルテの混入や紛失などのリスクも軽減された。

※ing=コクヨのオフィスチェアー