納入事例

「顔を合わせる安心感」円滑なコミュニケーションと作業効率向上を目指すオフィスブーメラン型デスク×ガラスパーティションでオフィスを一新

自社ビル竣工にともなう移転リニューアル。関連会社や上司部下とのコミュニケーションが上手く取れておらず、充分な作業スペースも無い。また、オフィス空間に統一感が取れていない事も課題。移転を機に、円滑なコミュニケーションと作業効率の両立を兼ね備えたオフィスづくりを検討。

マツダジャパン株式会社

URL
http://www.matsuda-japan.com/
所在地
東京都練馬区三原台3-25-15
業種
建設・工事業
規模
16名
納入年月
2021年 4月

【執務室】

社員同士のコミュニケーションが取りやすく、効率的に作業を行う事のできるブーメラン型のデスクを導入しました。

【経理室】

経理室はガラス間仕切りを採用しつつ、デスクトップパネルを設置することで、手元が他部署から見えづらくするなどの工夫を行ってます。情報揺曳を防ぎながら、社員同士の顔が見える風通しの良いオフィスを目指しました。

【会議室】

大人数での集会対応をメイン用途としている会議室です。執務スペースの家具と同系色で統一しています。スタッキング可能の会議テーブルとイスを採用しました。

お客様の声

コクヨフェアに参加した際、
実際に様々な家具や働き方を見ていく中で、什器や空間作りに興味を持つことができ
自社のリニューアルのイメージを膨らませることができました。
特に、ブーメラン型デスクやガラス間仕切りを導入したことで、
しっかりお互いの顔が見えるようになって安心感が高まり、コミュニケーションが取りやすくなりました。
また、机上面が広くなったことで以前よりも働きやすくなり、作業効率が上がりました。
オフィスの様子を会社のホームページに掲載して、今後の採用活動にも繋げていこうと考えています。

人数やカテゴリから事例を探す ▼

事例一覧ページへ

お問合せCONTACT

PAGETOP