「トップから『働き方改革』を考えてくれと言われたが、何から手をつけてよいかわからない」
「ノー残業DAYを導入したが成果が上がらない」などお困りではありませんか?

コクヨには働く人一人ひとりの意識や行動に影響を与え、
働きやすさを向上させていく様々なノウハウがあります。

わたしたちと一緒に、働く人一人ひとりが実感できる
『働き方改革』を実践しませんか?

「働く環境」の重要性

働く人一人ひとりが実感できる『働き方改革』を進めるためには、
「制度」や「IT・インフラ」だけではなく、「働く環境」を加えた
3つの視点から変化を起こすことが重要であるとわたしたちコクヨは考えます。

「働く環境」とは働く人が働きやすくなるための【場】と、
働きやすさをサポートする文具や家具といった【ツール】、
そして場やツールを働いている人が使いやすくなるような【運用】のことです。

『働き方改革』というと、ノー残業DAYや時短勤務など「制度」の導入や、
フレキシブルな働き方をするために必要な「IT」ツールを導入し
「インフラ」環境を整備することなどがあげられます。

しかし働き方が変わらなければせっかく「制度」や「IT・インフラ」を導入しても
十分に活用されていないという現状があります。
そこで働く人一人ひとりの意識や行動に直接影響を与える
「働く環境」の視点を加えることで、「働く環境」「制度」「IT・インフラ」が
繋がっている状態を目指すことが重要なのです。

働く人一人ひとりの意識や行動に影響を与える
「働く環境」=場・ツール・運用を改善し、
働きやすさを向上させていくことが重要です。

コクヨが追求していく「働きやすさ」

わたしたちは「働く環境」の改善提案により効率性・快適性・創造性の3つが
バランスよく発揮されている状態を目指します。
そのためには、働く人が自立的に働ける【場】【ツール】【運用】が
整っていることが重要であると考えています。

CASE 01

一人で物事をじっくり考える場所がない

周囲の音や視線が気になったり、声をかけられたりしてなかなか業務に集中できないことはありませんか?
邪魔されない「集中する場所」を明確にすることで個人ワークを促進させ、アイデアをしっかり考えぬくことにつながります。

創造性UP!!

執務エリアと少し離れた場所に、個人ブースで集中できる環境をつくります。窓側などに用意すると、さらに効果が高まります。

窓際に用意された天板昇降デスクブース。

執務エリアと少し離れた場所に、個人ブースで集中できる環境をつくります。窓側などに用意すると、さらに効果が高まります。

CASE 02

リフレッシュコーナーがない、
もしくはあまり使われていない

リフレッシュスペースはあるけれど、ワーカーにあまり使われていないということはありませんか?
さまざまな機能を持たせることで、そこに行くきっかけをつくり、活用率アップにつながります。

快適性UP!!

テーブルやカウンターなど、デザインや形状の異なる家具を配置をすることで、休憩にも仕事にも対応できる空間になり、スペースを多目的に活用できます。

業務に関連する資料や書籍を配置することで、スペースを活用するきっかけを作ります。

業務外の情報共有はリフレッシュスペースならではのコンテンツとして有効です。

CASE 03

机の上はいつも書類が山積みだ

PCの普及、その後のIT環境の整備によって、ペーパレス化は飛躍的に向上しています。一方、チェック作業や俯瞰して閲覧をしたい場合など、一時的に利用する書類もまだまだ残っています。書類探しの時間など、日常業務に潜んでいるムダをあぶり出すことが業務改善に繋がります。

効率性UP!!

皆で使うものは共用スペースに。重複保管を防ぎ、情報の共有化も促進します。

書類を捜す時間は1日は約20分間を費やしています。書類は立てて保管することで、検索性が向上します。

※週に書類を5日以上検索する有識者1,031名を対象としたアンケートより(コクヨ調べ)1週間に紙書類を探す行動に要している平均時間1.7時間から算出

業帰宅時は荷物を片付けて何も残さないようにするルール(クリーンデスク)できれいな状態を保ちましょう。翌日も気持ちのいい状態で仕事が始められます。

「働く環境」を診断

[はたナビ]

課題の「見える化」をはたナビがサポート

現場不在の「働き方改革」をなくすために「はたナビPro」を実施しませんか?
webを活用して社員様お一人お一人に、働く環境の質問に回答して頂く仕組みです。
これによって、貴社の働く環境の課題の見える化と、優先順位付けができるようになります。

詳しくはお問合わせください

全国に展開
個性あふれるライブオフィス

コクヨでは、我々自身の課題を解決するために働き方や働く環境を考え、
実践しているオフィスを「ライブオフィス」として公開しています。

PAGETOP