総務ブログ

霞が関オフィスのwithコロナ対策をご紹介


コクヨマーケティングの東京霞が関オフィス総務の EMです。

EM.jpg



先日は、当社名古屋オフィス総務のKTより、「オフィス再開に向けた短期的な感染対策」についてブログで紹介させていただきました。

今回は、コクヨマーケティング霞が関オフィスの取組みをご紹介します。


霞が関オフィスでは、名古屋オフィスと同様に、まずは短期視点として感染拡大に対処・阻止することを目指しています。
ただし、引き続き中長期的視点での見直しも必要になると考えています。


設計のメンバーを中心に、中長期的な視点でオフィスのあり方について検討を進めており、今回はファーストステップとして、7月にレイアウト変更や家具の入替え、運用の見直しを行いましたので、その一部をお届けします。

IMG_0172.jpg▲ 改修作業中の風景(どこかにEMも写ってます)


変更点①:座席設定数・運用

霞が関オフィスは、床面積約800坪に、約470名が在籍しています。 コロナ以前、執務エリアの席数は356席ありましたが、今回50%以下の在席率をめざすため、席数は約50%程度削減しました。


また、従来、営業職と企画職、設計職のメンバーは、指定された範囲の席に座るグループアドレス制としていましたが、完全フリーアドレス制へと移行しました。


これは席数が大幅に減るため、グループで切り分けることが困難になったことも一因ではありますが、 出社時は、テレワーク中希薄になりがちな「他部署との情報共有を図ること」と、「業務の内容に合わせて自由に場所を選べるABW推進」を目的に完全フリーアドレス制への移行に踏み切りました。


Freeaddress.jpg

変更点②:主動線の見直し


主要動線の通路幅は2m確保し、右側通行としました。
フィジカルディスタンスを確保し、人と人が交わる頻度を下げるため、カーペットに進行方向を示すデザインを施しました。

pct_04.png          ▲ 進行方向がわかる(右側通行)ようにカーペットを張り替えました


変更点③:出入口の見直し


出入口で人が交錯しないよう、社員用出入口は別々に設定し、入口、出口の専用としました。


pct_05.png


               


変更点④:執務エリアのレイアウト変更


執務エリアの内部はかなり密な状態でしたので、一部、家具の入替えを行い、席と席の間を2m以上確保するレイアウトに変更しました。


pct_06.jpg


また、固定席(内務スタッフ)に営業マンが近付き過ぎないようにするため、床に2mの範囲を示したサインを施しました。
これでディスタンスを確保しながら会話ができますね。


pct_08.jpg


変更点:⑤ 複合機コーナーの密回避


利用頻度の高い複合機のコーナーは立ち位置を決め、人が集まらない様にしました。 
定員を決め、立ち位置を床に記し、利用者がいる際は近づかないよう工夫しました。


pct_07.jpg



コロナ以前はコミュニケーションのしやすさをメインにレイアウトしていましたが、ディスタンス確保の観点から、ソロワーク席を増やし、複数人で使用する席には、飛沫拡散防止するためのアクリルパネルを設置したり、向かい合って座らないなどの工夫もしています。



また、ブログでご紹介した以外にも、霞が関ライブオフィスでは、コロナ禍で急増したWEBミーティングに対応するための個人ブース席、ディスタンスを確保した上でリアルでのミーティングを行うためのオープンミーティングスペースなども用意しています。


IMG_1165.jpg


現在は休止中ですが、オフィス見学会を再開した際には、ぜひ実際にご覧いただきたいと思っております。




●●●コクヨマーケティング働き方ガイドライン●●●
コクヨマーケティング株式会社では、オフィス再開にあたり職種別の行動指針やオフィスでの感染症対策をまとめた「働き方ガイドライン」を作成し運用を開始いたしました。



これからガイドラインや運用ルールを作成される方、他社のガイドラインを参考にしてみたい方にお役立ていただける内容となっております。
資料をご希望の方は、こちらからお問合せください。


名称未設定-1.jpg

●●●ソーシャルディスタンスサイン●●●
オフィス内でご活用いただける「ソーシャルディスタンスサイン」はこちらからダウンロード可能です。
社内掲示用としてご自由使用ください。


ソーシャルディスタンスサイン.jpg

お問合せCONTACT

PAGETOP