納入事例

内装デザインを一新し、従業員の働きやすさ・ブランディング向上を追求したオフィスカフェ風の家具や内装を選定し、既存オフィスからのイメージ刷新を図る

オフィス環境を改善することで「従業員の働きやすい環境づくり」と「会社に対する共感や信頼を向上させるブランディング」を実現するため、同じビル内での移転を実施。

株式会社エバラ物流 川崎物流センター

URL
https://www.ebabutsu.jp/
所在地
神奈川県川崎市川崎区東扇島15
業種
運輸・倉庫・通信業
規模
40人/240㎡
納入年月
2020年10月

【エントランス】

サインを際立たせるために、エントランスはモノトーンを基調とし、床・壁・天井と上に向かうほど明るい色にすることで、空間の広がりを感じさせる設計に。

手前には、商談コーナーを配置。ツタを絡ませたルーバースクリーンを設置することで、緩やかに空間を区切りつつ、目隠しとしての役割も。

【執務スペース】

事務職員の方が使用する固定席エリア。
奥のリフレッシュ・ミーティングスペースとの境を抜け感のある収納棚で緩やかに仕切っています。

【執務スペース】

現場職員の方が使用するタッチダウンエリア。

現場に向かう前後などに、ちょっと立ち寄り、短時間で終える作業に適した「カウンターテーブル+ハイタイプのイス」を配置。

また、人数や用途に応じて手軽にレイアウトを変更できるよう「キャスター付きのテーブル」を採用しています。

【リフレッシュ・ミーティングスペース】

職員間で、お互いに顔が見えて交流できるリフレッシュエリア。

窓側のハイテーブルからは外の景色を眺めたり、奥のソファーではゆったりと休憩したりと、その日の気分で使いわけができる空間になっています。

お客様の声

オフィス環境を改善することで「従業員の働きやすい環境づくり」と「弊社に対する共感や信頼を向上させるブランディング」を実現するため、同じビル内での移転を実施しました。

「従業員の働きやすさ」については、既存従業員および今後弊社を希望してくれる方に、より良い環境を提供したいとの思いがあり、日中不在にすることが多い現場職員の席をフリーアドレス化し、空いた空間には、リフレッシュやミーティングなど多目的に使える場を新設しました。

また、「ブランディング」については、来訪者(取引先・協力会社・就職活動者)の方に魅力的な企業であることを印象付けたいとの考えから、従来のオフィスから大きく雰囲気を変え、木目調の家具や意匠性の高いカーペット、照明を採用し、従業員がリラックスして働けるカフェ風の空間を目指しました。

人数やカテゴリから事例を探す ▼

事例一覧ページへ

お問合せCONTACT

PAGETOP