総務ブログ

フリーアドレスおすすめツールで課題解決!モバイルソロブース<フォーカスパネル>


Withコロナ、アフターコロナに対応したオフィスづくりの一環として、「執務スペースを固定席からフリーアドレスに変更した」という総務担当者の方も多いのではないでしょうか。


今まで固定席で働いていた方にとっては、フリーアドレス移行により、どこでも自由に好きな席に座れるというメリットを感じる一方で、デスクを他者と共有するフリーアドレスならではの働き方は、「明日までにプレゼン資料仕上げなきゃ!」といった集中して仕事を行いたい場合には、周囲が気になり、気が散ってしまう場合も。


そのような時には、コクヨから発売しているモバイルソロブース「フォーカスパネル」がおすすめです。


フォーカスパネル全体図.jpg


この商品は、デスク上に置くだけで簡単に周囲を囲ったブースのような席を作ることができるのです。
また、簡単に折りたたむことができるので、移動や保管の際も便利です。


フォーカスパネル折りたたみ.jpg



▲ フェルト素材で出来ており、軽量なため、パタパタと畳んで持ち運びも楽々♪



また、パネル上部には「飛沫拡散防止に配慮した折り返し」が付いているため、ディスタンスの確保が難しい場合には、隣席との仕切り代わりとして設置するのもおすすめです。


フォーカスパネル飛沫拡散実験.jpg


▲ 飛沫拡散防止に配慮した「折り返し」付きの形状




【無料配布中】ニューノーマル時代の働き方-オフィス・会議・書類が変わる-
オフィス、会議、書類といった代表的な課題を抽出して具体的な解決策をまとめた1冊。

霞が関ライブオフィスでは、こんな感じで使っています


霞が関ライブオフィスでは、「ソロワーク・昼食時に利用する多目的エリア」にフォーカスパネルを設置しています。


・多目的エリアに設置した理由
コロナ前、このエリアは、打合せやソロワーク、昼食利用、リフレッシュなど、その名のとおり、多目的に使用していました。
コロナ後は、対面での打合せがWEB会議に移行したため、運用方法の見直しを実施。

結果、「ソロワーク・昼食・リフレッシュ専用エリア」とすることに。

運用の変更と共に、設えの見直しも行い、今まで設置してあった打合せ用のモニターを撤去。
ソロワークやリフレッシュスペースとして、より快適に過ごすことのできるスペースとするため、フォーカスパネルを設置しました。


before、after.jpg



▼ 周囲の視線を気にすることなく、お昼寝できるようになりました♪程よく囲われているので、安心感があります。
3_お昼ね.jpg


また、実験的に一部のフリーアドレス席にも設置しています。

執務エリア内に設けている「集中ブース席が使用中の時」や「フリーアドレス席でWEB会議を行う時」に活用しています。

※フォーカスパネル自体に防音・吸音性能はありません。

フォーカスパネルは、サイズW1000mmと800mmの2パターンで発売しています。
色は、シェルグレー、ロックグレーの2種類。

IMG_0270.JPG


▲ちなみに、ワイド1200mmのデスクに、W1000mmタイプのフォーカスパネルを設置するとこんな感じです。(カラーはシェルグレー) 


4_配線の抜き穴.jpg



▲ 配線しやすいように一部がくり抜いてあるなど、細部にもこだわって作っています。


今回は、デスクに広げて置くだけで、瞬く間に自分専用の空間を作ることができるアイテム、フォーカスパネルを紹介させていただきました。
集中作業と飛沫拡散防止に配慮した、場所を選ばないパネルブース、コクヨフォーカスパネル、御社のオフィスにもいかがでしょうか。


価格情報や商品仕様などの詳細は、こちらからお気軽に問合せください。


オフィスの感染予防対策やテレワークの導入を行うことで新たな働き方の課題も見えてまいりました。
そこで、オフィス、会議、書類といった代表的な課題を抽出して具体的な解決策について、1冊の資料にまとめました。
これからのオフィスや働き方を検討する際の参考にしていただければ幸いです。KM_NN_文末バナー.jpg

お問合せCONTACT

PAGETOP