コラム

オフィスエントランスが企業イメージを左右する|設計のポイントや注意点などを紹介

オフィスエントランスは、企業の第一印象に大きな影響を与えます。
来訪者に好印象を持って頂き、取引を円滑に行うためにも、「企業の顔」とも言えるエントランス作りは丁寧に行いましょう。


この記事では、オフィス移転やレイアウト変更を予定中の企業様に向けて、
オフィスエントランスの設計について詳しく説明いたします。
おしゃれで機能的なオフィスエントランスの事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

オフィスやレイアウトをお悩みの方へ

オフィスリニューアルやレイアウトについて、まず無料相談

1.オフィスエントランスの役割


オフィスエントランスとは、来訪者を迎え入れる場所です。
来訪者に対して訪問内容に応じた案内や、企業に関するPRを行います。


2.オフィスにおいてエントランスが重要な理由


ここでは、オフィスデザインを考える際に、エントランスの設計を重視すべき理由を説明いたします。

・企業に対する第一印象を左右するため
オフィスエントランスの居心地が悪いと、来訪者の企業に対する第一印象を損ねてしまう可能性があります。
第一印象は今後の取引にも影響するため、設備やデザインなどに気を配り、
来訪者に不便を強いることのない空間を作りましょう。


・ブランディングの要素となるため
オフィスエントランスは、企業や製品・サービスのブランディングをする場としても機能します。
自社製品を展示したり、コーポレートカラーを取り入れたりなどして、エントランスをデザインしましょう。
企業のイメージにマッチした空間であれば、来訪者へ企業の魅力を効果的にアピールする事ができます。


【関連コラム】受付は企業の顔?!〈商談・採用活動〉をサポートする受付・エントランスとは

オフィスのエントランス
株式会社トータテハウジング様 施工事例

3.オフィスエントランスの設計における重要ポイント


来訪者に好印象を与え、企業活動に効果的な設計のポイントについて紹介いたします。


オフィスのエントランス

・デザインやカラーの統一性
オフィスエントランスのデザインやカラーは、企業との関連性を持たせて決めると良いでしょう。
企業のシンボルであるロゴやコーポレートカラーを取り入れたり、
支社ごとに個性を持たせたりする事で、オリジナリティのあるデザインに仕上がります。
また、既存のイメージから一新したい場合も、新しいイメージのデザインをエントランス部分に取り入れる事で、
社内と社外の双方に対して効果的に伝える事ができます。


・来訪者に対するおもてなし
オフィスエントランスは、来訪者にとって快適である事が求められます。
来訪者に不便や不安を感じさせないよう、ウェイティングスペースを工夫しましょう。
例えば、ソファやテーブル、アロマディフューザーなどを置く事によって、来訪者の緊張を和らげる事ができます。
無人受付には受付機能が備わったタブレットを設置しておくと、来訪者が直接担当者と連絡を取る事ができて便利です。


・商品・サービスでブランディング
企業活動をPRする場として、オフィスエントランスで自社商品を展示したり
サービス紹介のパネルを設置するなど、ブランディングを実施しましょう。
自社商品そのものの展示や、動画を用いた説明などによる視覚的なアプローチが一般的です。
企業と関係の深い素材を、ロゴサインや受付カウンターなどにアクセントとして使用する事もおすすめです。


・照明の選び方
オフィスエントランスを居心地の良い場所にするため、照明選びにも工夫しましょう。
調光によって、空間の印象は大きく変化します。
例えば青白い昼光色は清潔感を、あたたかみのある電球色はリラックス効果を空間に与えます。
ビルによっては窓が大きく、自然光が取り入れやすいケースもあります。
エントランスデザインとの相性を意識し、企業の持つイメージに合った照明を選んでください。


オフィスのエントランス


4.オフィスエントランスの設計における注意ポイント


社内の業務状況をイメージして、オフィスエントランスを設計しましょう。
ここでは、設計時における注意ポイントを紹介します。

・動線に関する配慮
オフィスエントランスの動線は、来訪者と従業員の動線を分ける事をおすすめします。
従業員の頻繁な行き来があると、来訪者が落ち着けません。
また、アクシデントに備え、エントランスから応接室、会議室などへの経路を複数用意しておくと安心です。

・オフィス内におけるゾーニング
オフィスエントランスから、応接室や会議室、執務室などが近いとスムーズに来訪者を案内できます。
セキュリティ対策上、機密性の高い部署や従業員専用のスペースからは遠ざけましょう。

・従業員にとっての使いやすさ
オフィスエントランスは来訪者をもてなす場所です。
しかし、毎日利用する従業員にとっての利便性にも目を向けましょう。
使いやすく親しみのあるエントランスは、従業員のモチベーションや帰属意識を向上させます。

・セキュリティの対策
外部の人間が従業員専用のスペースに立ち入ると、機密情報が漏洩する恐れがあります。
ICカードでの入退出管理や、無人受付システムの導入など、エントランス作りとセキュリティ対策はセットで考えましょう。


・機密情報を守る設計
機密情報を守るために、会議や商談内容、従業員同士の会話がオフィスエントランスに聞こえないように設計しましょう。
また、社内資料が来訪者の目に触れないようパーティションの設置や、
改めて従業員に対して情報管理に関する教育を行う事も大切です。

5.おしゃれなオフィスエントランスの事例集


おしゃれで機能的なオフィスエントランスの事例を紹介します。エントランス設計の参考にしてください。


【木材の温かみが感じられる開放的なエントランス】
おしゃれなオフィスエントランス
九州旅客鉄道株式会社様のエントランスです。
天井・壁・受付・ベンチに使用されている木目の美しさが非常に印象的です。天井が高く、空間にゆとりを感じます。


【建築のデザインコンセプトにマッチする家具を設置】おしゃれなオフィスエントランス
トヨタL&Fカスタマーズセンター大阪様のエントランスです。チェアやスツールは、

建築のデザインコンセプトに合わせてキューブ型に統一されています。企業ロゴの色である赤色が目を引きます。


【白でまとめた明るくやさしい雰囲気のエントランス】おしゃれなオフィスエントランス
一般社団法人府中市医師会様のエントランスです。

こだわりの建築を生かすため、白色のやわらかいフォルムを持った家具で統一されています。



【自社やグループ会社の発行物や書籍などを展示】おしゃれなオフィスエントランス
株式会社角川アップリンク様のエントランスです。
背の高い本棚には、自社の制作物やグループ会社発行書籍などが並び、企業PRの役割を担っています。
ガラス間仕切りを使用する事で、明るく開放的な空間となっています。


【コミュニケーションスペースとしても機能するエントランス】おしゃれなオフィスエントランス
株式会社トライアルカンパニー様のエントランスです。

段床に腰かけて大階段正面にある大型モニターを使う事で、大人数でのコミュニケーションスペースとしても活用されています。


【企業イメージを訴求するデザインを採用】
おしゃれなオフィスエントランス
株式会社ニフコ様のエントランスです。

「つなぐ・束ねる・結びつける」というニフコの歩みであるファスナーを、タイルで表現しています。
エントランスで企業イメージを訴求する事で、リクルーティングの強化も図りました。


【開放的な吹き抜けが特徴のエントランス】おしゃれなオフィスエントランス
西日本高速道路株式会社九州支社様のエントランスです。

吹き抜けや大きなガラスの壁面が開放感をもたらしています。
「いつでも・どこでも・かかわりあう」オフィスを目指して設計されました。


【地下鉄の線路をイメージしたデザインが目を引くエントランス】
L17040029_01.jpg
株式会社富士通エフサス九州支社様のエントランスです。

同じ模様のカーペットをあえて向きを変えて並べることで、地下鉄の線路を表現しています。


【企業の雰囲気を照明や素材にこだわって表現】おしゃれなオフィスエントランス
一般社団法人日本自動車連盟様のエントランスです。

先進的な要素をステンレス素材の受付やライティングで、会社の安心・信頼感を木目やグリーンなどで表現されています。


【テレビ局をイメージしたデザインが目を引くエントランス】おしゃれなオフィスエントランス
株式会社熊本県民テレビ様のエントランスです。テレビ局をイメージしたモダンな空間です。


【グローバル化する会社の姿をイメージしたデザイン】おしゃれなオフィスエントランス
株式会社公文教育研究会東京神奈川本部様のエントランスです。
壁面には世界の各拠点を示した世界地図を設置するなど、グローバル化する会社の姿が表現されています。


【コーポレートカラーを採用したエントランス】おしゃれなオフィスエントランス
クローダジャパン株式会社様のエントランスです。

入口壁面にコーポレートカラーの緑色、裏側に赤色を採用する事で、アクセントを持たせています。
ヨーロッパの雰囲気を感じる洗練された空間となっています。


6.まとめ


オフィスエントランスは企業の第一印象を大きく左右します。どのようなエントランスを作るかによって、
企業のブランディングや、従業員のモチベーションアップなど、様々な効果が期待されます。
コクヨマーケティングでは、年間25,000件以上の豊富な実績から、お客様に最適な空間を提案します。
オフィスの移転やリニューアルはもちろんのこと、新しいオフィスの維持・運用に至るまでワンストップでサポートが可能です。
エントランスのデザインについてご検討中の際は、是非お問合せください。


オフィス移転・リニューアルのご相談


よくあるご質問FAQ

オフィスのリニューアルに関して

社内のレイアウトを変更したいのですが、現状図がありません

正確なレイアウト設計を行うため、直接現場へお伺いして実測し、現状図を作成いたします。OA機器、サーバー、電話交換機の配線状況や、家具配置の安全性なども考慮した上で、現状図作成から変更図の作成も可能です。

業務を続けながら施工してもらうことは可能ですか?

ご依頼の内容によって異なります。家具の移動や配線工事であれば、業務を続けながら施工を行う事が可能です。
造作やパーティションの解体など、工具の音が大きく、作業スペースが必要な場合は、ビル管理と調整しながら、土日や夜間を利用して安全に施工を行います。お客様ごとに詳細なお打ち合わせをし、最適なスケジュールをご提案いたします。

どのくらいの費用がかかりますか?

リニューアル費用は、オフィスの現状や、お客様の解決すべき課題、目指す働き方によって、大きく異なります。
コクヨマーケティングでは、オフィスづくりのプロフェッショナルがヒアリングや現状調査を行い、家具やICT、内装工事からオフィスの運用方法まで、幅広いご提案をいたします。お見積りは無料で対応しております。お気軽にご相談ください。

フリーアドレスやWEB会議の導入など、新しい働き方の提案も行っていただけますか?

はい。社会の変化やお客様の課題に対して、柔軟に対応できる働き方を様々な角度からご提案いたします。時代の動きに合わせて、これからの新しい働き方を一緒に考えていただけるのが「コクヨライブオフィス」です。コクヨ社員が多様な働き方を実践するオフィスをご案内させていただきます。
詳しくはオフィス見学のページをご確認ください。

各部署の意見を取り入れたリニューアルを行いたいです。何か方法はありますか?

働く環境診断「はたなびPro」によって、社員の意識やオフィス環境の課題の見える化と、優先順位付けが可能です。
各社員に専用WEBページの案内をメールで発信し、任意の期間内で64問の質問に回答して頂く仕組みです。
コクヨマーケティングでは、診断結果をもとにレポートを作成、お客様に合ったプランをご提案いたします。診断は無料です。お気軽にお問合せください。

お問合せCONTACT

PAGETOP