コラム

フリーアドレスの廃止が増えている?廃止の理由と失敗を防ぐ9つの方法

働き方改革やテレワークへの移行によるワークスタイルの変化により、社員同士のコミュニケーションの促進、仕事の生産性向上、オフィスの省スペース化などを目的に、フリーアドレス導入を検討する企業が増えています。
その一方で、フリーアドレスを導入しても運用がうまくいかずに廃止となった例も少なくありません。

この記事では、フリーアドレスの導入を検討している担当者の方に向けて、廃止に至った具体的な理由と失敗を防ぐ方法を解説しますので、ぜひオフィスづくりに役立ててください。



フリーアドレス導入を検討中の方へ
フリーアドレスの導入について、まずは無料相談



1.フリーアドレスとは

フリーアドレスとは、オフィスの中で固定席を持たずに、ノートパソコンなどを活用して自分の好きな席で働くワークスタイルのことです。図書館の閲覧テーブルのように、個人席を決めずに空いている席を使う形式で、その時オフィスにいない人のスペースを有効活用することができます。



【関連コラム】【導入ガイド付き】フリーアドレスとは?メリット・デメリット、成功のために実践すべき3つのポイントを解説!

2.フリーアドレスの目的

どのような目的でフリーアドレスを導入するケースが多いのか、主な目的を2つご紹介します。


●スペースを効率よく使いたい
日中不在の社員が多い企業の場合、個別の座席を用意しても実際に座席が稼働している率が低く、ムダになっていることもあるでしょう。
フリーアドレスでは、基本的に社員全員分の席を個別に設けませんので、その分、オフィスのスペースを効率よく使えます。
人事異動の際にレイアウトを変更する負担も減らすことができますし、一人1台デスクを用意する必要もないので、中長期的にみるとコスト削減にもつながるでしょう。


●他部署の社員同士のコミュニケーションを促進したい
フリーアドレスを導入したオフィスでは、固定席と異なり、座る席を自身で自由に選ぶため、業務上接点のない社員とも近い席で仕事をする機会が増え、部署の垣根を越えたコミュニケーションの活発化が期待できます。普段関わることがない社員同士が接することで人脈が広がったり、何気ない会話から新たなアイデアが生まれたりすることも珍しくありません。近年、知識や情報をもとに付加価値のあるものを生み出すナレッジワークが重要視される傾向にあり、フリーアドレスが進む一因になっています。

3.フリーアドレスの廃止・失敗の理由

なぜフリーアドレスがうまく機能しなかったのか、主な廃止や失敗の理由を8つご紹介します。


●誰がどこにいるかわかりにくい
社員が常に決まった席にいるわけではないため、誰がどこで仕事をしているのか分かりにくい点はデメリットです。
外部からの電話の取り次ぎや来客時など、探すのに手間取ることもあるでしょう。必要な連絡を伝えたいときや上司に相談したい状況が発生したとき、すぐに見つからなければ業務に支障をきたしてしまいます。


●集中力が落ちる
共用スペースは人が集まったり、往来したりする空間であるため、レイアウトによっては会話や電話の声などが否応なく耳に入ってきます。
なかには周囲の雑音が気になり、仕事に集中できない方もいるでしょう。その結果、業務効率が下がり、失敗の原因にもなります。


●チーム・部署単位のコミュニケーションが不足する
部署の垣根を越えたコミュニケーションの活発化が、フリーアドレスのメリットのひとつです。
しかし、逆に自由に仕事をする場所を選べるフリーアドレスでは、部署やチームへの帰属意識が薄れることもあります。部署単位やチーム単位でのコミュニケーションはかえって不足しがちになり、意思統一を阻害する要因になる可能性もあります。


●固定メンバーが集まって座る
自由に仕事をする場所が選べるとはいえ、気がつけば同じ人がいつも同じ場所に座ってしまうということもフリーアドレス導入後の課題としてよく挙げられます。
同じ部署やチームの仲間が集まって顔を合わせるメンバーが固定化してしまうと、フリーアドレスにした意味がないでしょう。結局は従来の固定席があるオフィスと変わらない状況になり、さまざまな部署の人たちとのコミュニケーション活発化という導入メリットが活かしきれない状態となってしまいます。


●書類・持ち物などの管理が難しい
固定席があれば書類や文房具類などをデスクの引き出しに収納しておけますが、フリーアドレスでは置き場所に困ることがあります。
フリーアドレスの場合、デスクは他のメンバーとも共有して使用するため、個人の荷物を席に置きっぱなしにすることもできません。社内を移動するたびに持ち歩くことになれば、紛失などのトラブルにもつながりかねないため、書類や持ち物の管理方法もあわせて考える必要があります。


●人材育成の妨げになる
同じ部署やチームの仲間が近くにいる従来のようなオフィスとは違い、若いスタッフが先輩や上司の仕事ぶりを目にできる機会が減ります。
上司は部下の仕事を常に見守ることもできないため、タイミングのよい指導ができません。もし、先輩や上司に相談したいことや質問があってもすぐに見つからず、業務効率の低下や人材育成の妨げにもつながります。


●フリーアドレスにした目的が共有されていない
現場のニーズではなく、トップの意向だけでフリーアドレスを導入した場合、社員の不満を生む懸念もあります。
決まった自席で仕事がしたい、ある程度プライバシーが確保されているほうがいいという方の場合は、逆効果になるかもしれません。社員がフリーアドレスにする目的を理解していなければ、本来得られるはずのメリットも十分享受できない可能性があります。


●フリーアドレスに向かない部署にも導入した
外回りの社員が少なく、常にオフィスで仕事をしている社員が多い場合は、デスクを減らすこと自体が現実的ではありません。
業務で使用する道具類が多い職種も持ち運びに手間がかかるため、フリーアドレスには不向きです。
受付業務や受注業務などで電話対応が多く、業務中に固定電話を使わずにいられない部署もフリーアドレスでは業務が成り立たないでしょう。しっかりしたセキュリティが必要な部署もフリーアドレス化が困難な部署の例です。情報部門や経理部門、管理部門など、特定の端末やデスクトップパソコンを使って業務を行うクリエーターが所属する部署も、固定席のほうが向いています。

4.フリーアドレスの廃止・失敗を防ぐ9つの方法


せっかく導入したフリーアドレスを廃止・失敗しないためにできる方法を9つ、詳しく解説しますので参考にしてください。


●フリーアドレス導入の目的を周知する
フリーアドレスを成功させるためには、まず実際にその空間で働く社員に導入の目的を理解してもらうことが大事です。せっかく環境を整えても、それを活かせなければコスト削減や業務効率のアップにはつなげられません。部署をまたいだコミュニケーションの促進を目的とするのか、生産性の向上までを目的とするのかなどを周知し、混乱を招かないようにしましょう。


●誰がどこにいるかわかるようにする
社員の居場所が分かりにくいデメリットを解消するためには、フリーアドレスを導入したオフィスであっても、誰がどこにいるか分かるようにしておくことがポイントです。Web上で居場所を確認できるツールもリリースされており、活用すれば社員の状況を把握しやすくなるでしょう。


【関連コラム】フリーアドレスで社員の居場所を知るには|位置情報の確認方法と企業の具体例を紹介


●ペーパーレス化を進める
業務で扱う書類の量が多い場合、移動するたびに書類を持ち運びしなければならないので、大きな負担となります。書類をデータ化するなど、ペーパーレス化すればどの席にいても必要なデータにアクセスできるようになるのはもちろん、書類の紛失などのトラブルも防げます。印刷や書類の廃棄にかかる手間やコストも削減することができるほか、書類の保管に必要だったスペースの有効活用も可能です。


【関連コラム】フリーアドレスで失敗しないための、書類の管理方法について


【動画で解説】フリーアドレスオフィスの書類管理法


●チーム・部署内で意思疎通ができるよう工夫する
部署内のコミュニケーションが不足してしまうというデメリットに対しては、意思疎通できるような工夫をすることである程度の対応ができます。業務自体はフリーアドレスで自由に行いながら、こまめにミーティングを開催するのも対策のひとつです。電話やメールよりも気軽にやりとりできるチャットツールもレスポンスしやすく、コミュニケーションをスムーズにするために活用できます。


●席が固定されないよう工夫する
部署にとらわれず多様な部署とのコミュニケーション活発化を促進したいのであれば、席が固定化しないための対策もしなければなりません。常に仲のいい人ばかりで集まったり、いつも同じ席に座ったりしないよう、ルールを設ける必要があるでしょう。例えば席を決める際にくじやルーレットを使う、ローテーションを設けるなど、毎回席が同じにならないよう工夫しましょう。


【関連コラム】フリーアドレス化には運用ルール作成が重要|必要な事前準備と合わせて紹介


●フリーアドレスに適したレイアウトにする
フリーアドレスを成功させるためには、フリーアドレス導入の目的に沿った空間づくりを行うことが大切です。
コミュニケーションの促進が目的であれば、オフィス内の回遊を促すジグザグ型のレイアウトにする、集中環境とコミュニケーションを両立したい場合には、フリーアドレスのスペースとは別に集中して業務を行いたい時に利用することができる専用のスペースを設けるなど、オフィスレイアウトは目的とセットで検討することが重要です。


【関連コラム】フリーアドレスの導入方法|レイアウトを考えるうえで知っておきたいフリーアドレスの基礎


フリーアドレス導入の目的


●私物の収納や荷物持ち運びのためのツールを導入する
フリーアドレスの場合、固定席にあるような個人専用のワゴンがないため、パソコンや書類などを保管するために1人1台「パーソナルロッカー」を用意しましょう。
パーソナルロッカーとは、オフィス用の個人用収納庫のことです。
個人で使用する書類やパソコン、その他の仕事道具は、このパーソナルロッカーで管理します。出社後、その日に必要な仕事道具をパーソナルロッカーから取り出し、外出や退社時にオフィスから出る際は、ロッカーに荷物をしまいます。locker-1.jpg


また、社内でパソコンや書類など仕事に必要な荷物を持ち運ぶ場合には、荷物をまとめて収納できる「モバイルバッグ」を活用することをおすすめします。


フリーアドレスオフィスにおすすめのモバイルバッグ


【関連コラム】フリーアドレスで荷物の収納はどうする?事前にチェックしておきたいサポートツール


●文具は「一括管理式」にする
今までは、個人のワゴンや引き出しに置いていたクリヤーホルダーやハサミ、セロテープなどの文房具。


フリーアドレス移行により、デスクは共有化するため、今までのような保管方法をとることが難しくなります。また、パーソナルロッカーも収納スペースが限られているので、個人で管理するには限界があります。その為、オフィスで使う文具消耗品の管理方法を見直す必要があります。


オフィスの文具消耗品は、集中管理式にすることで、個人の手持ちが減るため、フリーアドレスワーカー中心のオフィスに最適です。
また、総務担当者の業務削減やオフィススペース削減、消耗品購買コスト削減効果が期待できるほか、オフィスの整理整頓にもつながります。オフィスの文具事務一括管理フリーアドレスのオフィスにおすすめ!文具消耗品の一括管理<サプライドック>


●専門業者に依頼する
フリーアドレス化を導入するためには、現状の把握や課題の設定、レイアウトの検討、必要な備品の手配など専門的な知識と労力が必要です。フリーアドレスのノウハウを持つ専門業者ならばニーズに合わせた導入が可能になり、運用に至るまでプロの視点でサポートしてもらえる安心感もあります。


5.まとめ

フリーアドレスにはスペースの効率化や部署の垣根を越えたコミュニケーションの促進が期待できるなどさまざまなメリットがありますが、ただ導入すればいいわけではありません。せっかくフリーアドレス化したものの失敗だったという状況に陥らないために、対策を立てておく必要があります。


コクヨには20年を越えるフリーアドレスオフィス実施の経験があります。


自ら体験を重ねることで、机上の空論ではない、実際の社員の行動・気持ちから考えたオフィスの提案が可能です。フリーアドレスで起こりうる課題に対して、御社の働き方を踏まえた上で、最適なソリューションを提供いたします。


フリーアドレスの導入を検討中の方は、ぜひコクヨマーケティングにご相談ください。


3_オフィス移転・改装・レイアウト問合せ.jpg

よくあるご質問FAQ

フリーアドレスに関して

フリーアドレスが社員に浸透するか不安です

導入前に経営者様・社員様向けにフリーアドレスでの働き方をイメージして頂けるよう、ライブオフィスにてコクヨ社員の働き方をご紹介いたします。
また、フリーアドレスへの不安を解消し、目的を共有するためのワークショップ開催や社員の声を取り入れたオフィスづくりを実現する働く環境診断「はたナビPRO」などフリーアドレス成功をサポートする各種メニューをご用意しております。

フリーアドレスの導入にはどのくらいの費用がかかるでしょうか?

一般的に、フリーアドレス対応デスクは固定席タイプのデスクと比較すると、一人あたり同額、あるいは若干コストが下がります。
一方で、フリーアドレス対応デスクには引き出しやワゴンなどの収納機能がないため、デスク入れ替え時には個人用の収納スペース(個別ロッカー等)が別途必要になります。
また、什器以外に配線設備工事や既存デスクの処分費がかかります。
お客様の状況や目的によって異なりますので、お気軽にご相談ください。

フリーアドレスを導入する場合、どのような点に注意すれば良いでしょうか?

フリーアドレス化の成功には「目的の明確化」と「運用が維持できる仕組み」がポイントになります。
まず、フリーアドレスの導入前には、経営者・管理職・社員各々がフリーアドレスの目的を把握し、理解する事が必要です。
導入後も、せっかくのフリーアドレスが固定席化しないように運用ルールを決めて、守られているかどうかチェックを行うなどの工夫が大切です。

詳しくは「【資料】はじめてのフリーアドレス導入ガイド」でご紹介しています。
無料でダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

自社にフリーアドレスが合うのか分かりません

フリーアドレス化の目的やお客様の働き方によって、導入範囲や運用方式などは異なります。
また、全席フリーアドレスを導入するのではなく、まずは一部の部署だけ試験的に導入して、徐々に他の部署へ拡げていくパターンもあります。
コクヨマーケティングは、お客様へのヒアリングやアンケートの結果を元に、目的や働き方に応じたタイプのフリーアドレスをご提案いたします。

フリーアドレスを導入するメリットは何ですか?

主に「スペース効率の向上」「組織変更・人数変更への柔軟な対応」「コミュニケーションの促進」「自律的な働き方の促進」の4つがメリットとして挙げられます。

フリーアドレスを成功させるポイントを教えてください。

フリーアドレスを成功させるためには、以下の3つのポイントをおさえることが大切です。
①目的を明確にし、社員へ浸透させる②「運用」が維持できる仕組みを作る③働き方をサポート「ツール」を用意する

詳しくは「【資料】はじめてのフリーアドレス導入ガイド」でご紹介しています。
無料でダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

お問合せCONTACT

PAGETOP