コラム

オフィスの天井の種類は?天井高についてもわかりやすく解説!

オフィスの雰囲気は、天井の種類や高さでがらりと変わります。
オフィスの移転やリニューアルなどの際には、天井の種類や高さも検討すると良いでしょう。
この記事では、オフィスの天井の種類や、望ましい高さについて分かりやすく解説いたします。

オフィス移転・リニューアルを検討中の方へ
オフィス移転・リニューアルについて、まずは無料相談

1.オフィスの天井の種類


オフィスの天井には、複数の種類があります。
以下では「在来工法天井」「システム天井(ライン型・グリッド型)」「スケルトン天井」の特徴について、解説いたします。
移転先の物件を内見する時や、自社のオフィスの設備を見直したい時などに、ぜひご参考ください。



●在来工法天井
まず「在来工法天井」について解説いたします。


・概要
在来工法天井とは、オフィスで多く採用されている吊り天井の1つです。
天井の下地材(骨組み)に、岩綿吸音板や石膏ボードやなどの仕上材を張ってつくる工法です。
オフィス以外でも病院や学校などで用いられており、日本で最も普及しています。


オフィスの天井


・メリット
空調の位置や種類、照明の位置などを自由な仕様で決められるのが、在来工法天井のメリットです。
広く普及している工法のため、材料が安価で調達可能なのも特徴です。
使用する仕上材の種類によって、吸音性や断熱性を高める事ができます。
また内装制限等、法の範囲で不燃クロスや塗装などの仕上げを変える事も可能です。


・デメリット
エアコンや照明などの天井設備を動かす事が難しいため、
デスクや間仕切りのレイアウトを変更しづらい点がデメリットといえます。


●システム天井
次に「システム天井」について解説いたします。


・概要
システム天井も、オフィスで広く普及している吊り天井の1つです。
下地材で作ったフレームに、仕上材と空調などの設備をはめ込むようにして組み立てる天井です。
ステム天井の中でも。主に「ライン型」と「グリッド型」の2種類が普及しています。



ライン型システム天井(ライン天井)
システム天井の工法の1つ「ライン型システム天井(ライン天井)」について解説いたします。

・概要
ライン型システム天井とは、空調などの設備機器や照明と天井の仕上材をまとめて組み上げる天井です。
一方向を室内側から見た際に、照明などの機器が並列になっているのが特徴です。


オフィスの天井


・メリット
デスクを照明と並行に配置する事で、机の照度を均一化できます。
任意の寸法で、設備ラインの間隔を決められるため、室内のレイアウトに合わせた調整が可能です。
また、天井裏に換気や排管の設備がある事が多く、
個室を作る際、天井裏で繋がっている機能内では自由にレイアウトが可能です。

・デメリット
ライン設備上のスリットで換気や空間の吸い込みを兼ねているものが多く
天井裏が吹き抜けになっているため、間仕切り設置の際の遮音に問題が出る事があります。



●グリッド型システム天井(グリッド天井)
続いて、「グリッド型システム天井(グリッド天井)」を解説いたします。

・概要
グリッド型システム天井とは、天井の下地材が格子状に組まれ、

その上に仕上材や照明等がパネルごとにはめ込まれている天井です。


オフィスの天井

・メリット
仕上材や照明材を部分的に取り外せるので、メンテナンスやレイアウト変更をしやすいのがメリットです。
下地材が格子状に組まれているため、ライン型システム天井よりも仕上材が落下しにくい工法です。
意匠性に優れており、パネルを取り除けば天井裏の点検がしやすいのもメリットです。

・デメリット
ライン型システム天井と比べると高価な天井です。


●スケルトン天井
最後に「スケルトン天井」について、解説いたします。

・概要
スケルトン天井とは、天井に部材を付けず、建物の躯体がむき出しの状態の天井です。
コンクリートや配管がまる見えの状態で、カジュアルなカフェやレストランなどで見かける事の多い工法ですが、
近年オフィスにも利用されるケースが増えています。


オフィスの天井


・メリット
スケルトン天井は、天井を付けない事によって、オフィスに開放感を持たせる事ができます。
実際に天井高は50cm~1mほど高くなるため、部屋全体が広く感じるようになります
。天井の低いスペースでは、閉塞感や圧迫感を感じる人も少なくありません。
開放的で居心地の良い空間をつくる事で、社員がリラックスして働く事ができます。

・デメリット
スケルトン天井は天井面がなくなるため、反射率が下がります。
ビルの構造や消防法、建築基準法などの関係によって、スケルトンにできない物件もあるため注意が必要です。
また、退去する際は入居時の状態に戻す事が義務付けられているため、原状回復に多額な費用がかかる可能性があります。
外気の影響を受けやすく、冷暖房が効きにくいのも理解しておきましょう。


2.オフィスの天井高


オフィスづくりにおいて、天井高は慎重に検討すべきポイントです。
天井高とは、床から天井までの高さのことを指します。
天井高の重要性や、快適な天井の高さについて、詳しく解説いたします。

オフィスの天井高の重要性
天井の高さは仕事の効率にも影響します。
なぜなら、あまりに天井の高さが低いと、閉鎖感や圧迫感を感じてストレスになるからです。
閉所恐怖症の人は特に圧迫感を感じると言われています。
反対に、あまりに高すぎる天井も落ち着かず、居心地が悪く感じるため、オフィスは適切な天井高でつくりましょう。

オフィスの天井


・オフィスの快適な天井高は?
人が仕事をしやすいと感じる天井高は、2.6m程度といわれています。
建築基準法では、天井の高さは2.1mとなっていますが、
新しいビルでは2.8m以上確保しているケースも多く、古いビルでも2.4~2.6mが平均的です。
また、オフィスのフロア面積によって適切な天井高は異なります。
ビルのワンフロア全てを使うような1000㎡以上ある広いオフィスの場合、3m以上ないと圧迫感を感じてしまう事があります。


フロア面積と天井高の基準は以下のとおりです。


・200㎡未満:天井高2.6m
・200㎡~1000㎡未満:天井高2.6~2.9m
・1000㎡以上:天井高3m以上


3.まとめ


オフィスの天井の種類や高さは、快適なオフィスづくりを行う上で大切な要素です。ビル設備によって対応可能な仕様は異なりますが、目的に合わせて適切な天井を選びましょう。コクヨマーケティング株式会社のオフィス移転・リニューアルは年間25,000件以上の豊富な実績から、お客様の働き方に合わせた空間提案をいたします。天井をはじめ、壁や床、間仕切りなどの内装も、オフィスづくりのプロにおまかせください。


columlast.jpg


よくあるご質問FAQ

オフィス移転に関して

コストを抑えて移転を行いたいです。どんな方法がありますか?

コストを抑えた移転は、移転先ビルの選定から始まります。
お客様の働き方から、出勤率やオフィス機能を見極め、契約面積を最適化する事が重要になります。
ぜひ、移転先のビル検討からご相談ください。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もりを依頼する際に用意しておくことはありますか?

移転費用は、オフィスの面積や諸条件によって大きく異なります。

基本的には弊社の担当者が現場へお伺いし、現地調査を行った上で、お見積りを作成いたします。
現状の平面図レイアウト図や移転先の図面をご用意いただければ、より早くお見積りが可能です。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もり段階での費用は発生しますか?

基本的にお見積りは無料で対応しております。費用が発生する場合は、事前にご連絡いたします。お気軽にご相談ください。

大体どのくらい前から準備をすれば良いですか?

平均8か月~1年程度の準備期間が必要です。規模にもよりますが、短期の移転でもコクヨマーケティングなら、計画立案から移転先オフィス運用までのスケジュール提案・管理が可能です。
「初めてのオフィス移転お役マニュアル」を無料配布中です。スケジュール管理に役立つエクセル版のチェックリスト付きです。
ぜひ、ダウンロードしてご活用ください。

オフィス移転の経験がないため、何から手を付ければ良いか分かりません

お客様の環境・状況によって、何から始めれば良いのかは全く異なります。
コクヨマーケティングでは、ヒアリングや現状調査を行う事で、お客様それぞれのゴールイメージを明確化し、いつまでに何を行う必要があるのかを適切にご提案いたします。

移転準備の業務まで手が回るか心配です

年間25,000件以上の実績を持つコクヨマーケティングは、お客様の移転プロジェクトを円滑に進めるために、移転先ビルの選定かららオフィスの運用まで、ワンストップでサポートいたします。経験豊富な弊社のスタッフにおまかせください。

オフィスのリニューアルに関して

社内のレイアウトを変更したいのですが、現状図がありません

正確なレイアウト設計を行うため、直接現場へお伺いして実測し、現状図を作成いたします。OA機器、サーバー、電話交換機の配線状況や、家具配置の安全性なども考慮した上で、現状図作成から変更図の作成も可能です。

業務を続けながら施工してもらうことは可能ですか?

ご依頼の内容によって異なります。家具の移動や配線工事であれば、業務を続けながら施工を行う事が可能です。
造作やパーティションの解体など、工具の音が大きく、作業スペースが必要な場合は、ビル管理と調整しながら、土日や夜間を利用して安全に施工を行います。お客様ごとに詳細なお打ち合わせをし、最適なスケジュールをご提案いたします。

どのくらいの費用がかかりますか?

リニューアル費用は、オフィスの現状や、お客様の解決すべき課題、目指す働き方によって、大きく異なります。
コクヨマーケティングでは、オフィスづくりのプロフェッショナルがヒアリングや現状調査を行い、家具やICT、内装工事からオフィスの運用方法まで、幅広いご提案をいたします。お見積りは無料で対応しております。お気軽にご相談ください。

フリーアドレスやWEB会議の導入など、新しい働き方の提案も行っていただけますか?

はい。社会の変化やお客様の課題に対して、柔軟に対応できる働き方を様々な角度からご提案いたします。時代の動きに合わせて、これからの新しい働き方を一緒に考えていただけるのが「コクヨライブオフィス」です。コクヨ社員が多様な働き方を実践するオフィスをご案内させていただきます。
詳しくはオフィス見学のページをご確認ください。

各部署の意見を取り入れたリニューアルを行いたいです。何か方法はありますか?

働く環境診断「はたなびPro」によって、社員の意識やオフィス環境の課題の見える化と、優先順位付けが可能です。
各社員に専用WEBページの案内をメールで発信し、任意の期間内で64問の質問に回答して頂く仕組みです。
コクヨマーケティングでは、診断結果をもとにレポートを作成、お客様に合ったプランをご提案いたします。診断は無料です。お気軽にお問合せください。

お問合せCONTACT

PAGETOP