コラム

快適なオフィスを実現するレイアウトとはオフィスレイアウト”キホンのキ”

オフィスレイアウトを検討する際におさえるべきは、家具と家具、もしくは家具と壁の間の通路幅です。

日常的な通行を妨げるような通行幅では、働きやすいオフィスは実現できません。

また、地震等の災害発生を想定した避難経路の確保は必須条件となります。 スタンダードな空間寸法をチェックして、レイアウトを検討してみませんか?

オフィスやレイアウトをお悩みの方へ
オフィスリニューアルやレイアウトについて、まずは無料相談

1.「執務空間」スタンダードな通路幅とは


執務空間は、社員が勤務時間の大半を過ごす重要なスペースです。適切な通路幅を確保し、                 快適に働けるようレイアウトしましょう。


人が1人通る場合は「通路幅900mm」が基本となります。人が多く通るメイン通路は、人がすれ違うことができるよう    「通路幅1600mm」が理想です。また、メイン通路が地震等災害発生時の避難経路となります。


colum_layout2.png




快適に働くためには、最低限の通路幅確保は必須です。でも、限られたオフィス空間は有効に活用したいですよね。      スペースを効率的に活用するヒントを一部ご紹介します。



colum_layout1.png


【関連コラム】使用用途に合わせた収納家具選び方


2.「各コーナー別」スタンダードな通路幅とは

パーティションで仕切られた各コーナーでは、動線や空間のグレードを考慮した通路幅を確保しましょう。


【関連コラム】オフィスレイアウトには欠かせない!パーティション(間仕切り)の選び方

3.図面でレイアウトをチェック


空間のイメージは図面で想定しても中々イメージしづらいもの。レイアウト事例ページでは、実際の図面と共に各スペースの空間写真を掲載しています。空間写真でイメージを膨らませながら、レイアウトを検討してみませんか?


colum_layout4.png



3_オフィス移転・改装・レイアウト問合せ.jpg

お問合せCONTACT

PAGETOP