コラム

採用ブランディングとは?行うべき理由・目的・メリット・方法・成功事例など徹底解説

求人募集を実施しても、「自社に必要な人材がなかなか集まらない」と悩む採用担当者様も多いのではないでしょうか。そのような場合には「採用ブランディング」に取り組むことをおすすめします。採用ブランディングには、採用したい人材が応募してくれる機会が増える可能性が高まるといったメリットがあります。この記事では、採用ブランディングとは何か、採用ブランディングが必要とされる理由・得られる効果、採用ブランディングを取り入れる方法について解説します。


オフィスのリニューアルを検討中の方へ
オフィスのリニューアルについてまずは無料相談

オフィスデザインやレイアウトを検討する際の参考に

【無料ダウンロード】オフィスレイアウト事例集

1.採用ブランディングとは?

人材採用の方策のひとつとして注目されている、採用ブランディングについて解説します。


●採用ブランディングの意味
ブランディングとは、他社との差別化をし、独自性を得るために特別な価値を作ることをいいます。ブランディングには、アウターブランディングとインターブランディングがあり、採用ブランディングは、アウターブランディングのひとつです。


優秀な人材の採用には企業ブランディングが非常に有効であることがわかっています。企業の理念・労働環境などにおいて、他社にはない魅力が広く知れ渡ることで優秀な人材が集まりやすくなると言われています。

【関連コラム】インナーブランディングとは|特徴、メリット、注意点、具体的な手法例など解説


●採用ブランディングでやるべきこと
採用ブランディングでは、伝えるべき企業の情報と発信方法を精査したうえで、的確に届けることが重要です。まず、自社の現状と課題を明確にし、課題解決のために必要な人材像を決定します。次に、明確になった人材向けの情報と発信方法を選択するなど、情報発信するまでの準備をきちんと行いましょう。

2.採用ブランディングが必要な理由・目的

採用ブランディングが必要とされる理由・目的について解説します。


●人材獲得競争の激化
採用ブランディングが必要とされる理由としては、終身雇用から転職が身近なものへと変化した時代背景があげられます。テレワークが増え働く場所が多様化したことも、人材獲得競争の激化に拍車をかけています。優秀な人材の確保には、競合他社とは異なる自社の魅力を発信することで、認知度をあげることが重要となります。


●SNSなど情報発信方法の多様化
SNSが浸透したことで、明確なターゲットへの直接的なアプローチが容易になり、採用ブランディングが注目されるようになりました。転職サイトや人材派遣会社に頼る従来の採用方法では、本当に必要な人材が集まらないことも多いです。欲しい人材に向けた戦略的な情報発信は、必要な人材の確保には欠かせません。


●自社にマッチする有益な人材の獲得が目的
採用ブランディングは、自社にマッチする貢献度の高い人材を獲得するために行います。説明会やWebサイトなどを通じて一貫した情報提供を行うことで、会社の理念・職場環境・業務内容などに対する入社前後のギャップがなくなり、早期離職のリスクを減らせます。入社後のモチベーション向上にもつながり、企業にとって有益な人材が得られることとなります。

3.人材採用でよくある課題

人材採用の場面では、求人サイトに採用情報を記載しても望むようなエントリー数が得られなかったり、自社の要望にマッチする人材からの応募がなかったりすると採用者を獲得できません。選考途中や内定通知後に、採用者から辞退されたり連絡がつかなくなったりする場合もあります。


人材採用の課題は、採用後にも生じます。自社にマッチした人材を採用したものの短期間で離職してしまい、自社に人材が定着しないことも課題のひとつです。

4.採用ブランディングを行うことで得られる5つのメリット

採用ブランディングで得られる5つの効果について解説します。


●企業の認知度の向上
採用ブランディングを行うことにより、自社の認知度が向上します。採用市場では、応募者が比較検討する際には、企業の認知度が非常に重要です。自社の認知度が上がることで、競合他社との差別化ができ、優位に立てれば、獲得競争に巻き込まれにくくなります。


●自社にマッチする質の高い応募者の増加
自社が本当に求める人材像をアピールすることで、自社との相性が高い応募者の増加が期待できます。また、自社の魅力を効果的に伝えられるため、応募者が増加し、質の高い人材が集まるメリットもあります。


●人材の入社後の活躍と定着率の向上
採用ブランディングを行うことで、応募者の理解が深まり、入社後の活躍と定着率の向上が得られます。求職者は、応募した自社のことをよく理解できているため、入社後のミスマッチがおこりにくくなります。人材の定着につながるだけでなく、入社後の社員教育もスムーズに行え、活躍が期待できます。


●既存社員のモチベーション向上
採用ブランディングは、新規採用の社員だけでなく既存社員へのモチベーション向上にもつながります。自社の認知度が上がり、魅力が社外に広がることで、やりがいが出ます。採用担当も、自信をもって自社のアピールができます。


●採用コストの低減
認知度があがり、自社にマッチした人材がうまく集まれば、面談すべき人材を厳選でき、面談工数を減らすことができます。自社に必要な人材だけにしぼって面談を行うことなどにより、採用コストを低減できます。自社のニーズに合った的確な人材を雇用できれば、離職率が下がり、何度も求人広告を出すなどの採用コストを減らせます。

5.採用ブランディングのデメリット

採用ブランディングを行う際のデメリットについて解説します。


●情報発信まで手間がかかる
採用ブランディングは、情報発信するまでに多くの手間と時間がかかります。自社のブランディングイメージ・欲しい人材像を明確にし、効果的な情報発信方法を精査するなどの発信準備には、ある程度の労力が必要となります。情報発信した後は、効果検証や情報の改善が欠かせません。


●効果がすぐには出ない
採用ブランディングで自社の魅力や企業理念が社外に浸透するまでには、時間を要します。情報は、発信してもすぐに人の目に止まるわけではありません。欲しい人材を採用するためには、長期的な戦略が必要です。

6.採用ブランディングの運用ステップ


採用ブランディングを運用する際の流れについて解説します。


1.自社が求める人材像を明確にする
自社が求める人材について充分に精査し、人材像を明確にします。能力だけでなく、人間関係や好みなどさまざまな角度から見極める必要があります。人材像は、人材を欲している部署の意見もきちんと取り入れることをおすすめします。
採用したい人物像を明確にする


2.自社の魅力・ブランディング要素を明確にする
自社の魅力や企業理念など、ブランディング要素を明確にします。求職者にアピールしたいポイントを十分に把握したうえで、伝えるべきメッセージを考えましょう。情報が曖昧だとメッセージが伝わりにくいため、伝えるべき情報は精査しておく必要があります。


3.情報を発信する方法を決める
自社が求める人材像に向けて情報を発信する方法を決めます。情報発信する方法としては、自社サイト・SNS・求人広告などさまざまな媒体があります。人材像をよく考え、発信する媒体・時間を決めることが大切です。


4.情報を発信し採用活動を開始する
媒体が決まったら実際に情報を発信し、採用活動を開始します。情報は、更新・改善をせずに放置していると、他の情報の中に埋もれてしまい、応募者の目につきにくくなります。情報は、継続的に効果検証と改善を行うことが非常に重要です。


7.採用ブランディングで使える発信方法


求職者が情報収集を行う場として多いのは、企業のwebサイトと口コミサイト、SNSです。求職者がよく利用するSNSとしては、LINE・YouTube・Twitter・Facebook・Instagramが挙げられます。


sns


オンラインだけでなく、リアルタイムで行われる情報発信も非常に重要です。インターンシップ・採用イベントなどを実施することで、実際の自社の雰囲気を感じてもらえます。直接求職者とかかわることで、信頼関係の蓄積にもつながります。


8.採用ブランディングを行う際の注意点

採用ブランディングを行う上で気をつけるべき点について解説します。


●長期的な運用が必要である
採用ブランディングは結果が出るまでには時間がかかるため、長期的な運用を見据える必要があります。情報は、継続的に露出をしていかなければならず、古い情報はすぐに埋もれて人目につかなくなってしまいます。採用情報は、発信を続けることが大切で、採用したい人材が変わったら、新たな情報を発信するなど、継続的な運用が求められます。


●SNSは双方向のやり取りを大切にする
SNSは、企業HPや採用サイトのように、企業側が一方的に発信するのではなく、双方向でやり取りを行います。安易に感情的な発言をせず、企業の顔として発言する意識をもつことが大切です。SNSでフォロワーが増えると、多くの人に情報が届きやすくなるメリットがあります。他の企業アカウントと交流する、1日1ツイートをこころがけるなど、フォロワーの獲得も重要な施策のひとつです。


●真実の情報を発信する
採用ブランディングでは、真実のみを伝えることが大切です。自社の魅力をアピールしたい、必要な人材を集めたいからといって、真実と広告に齟齬があると、採用後にギャップを感じ、離職につながることがあります。情報を発信するだけでなく、魅力的な会社を目指して、労働環境の改善に取り組むことなども大切です。情報発信の際に、社員の体験談を添えれば、情報に真実味を持たせる効果があるため、おすすめです。


●働きたくなるオフィス作りを目指す
採用ブランディングでは、求職者が「ここでに働きたいとおもえるオフィスづくり」を心がけましょう。採用ブランディングを行うと同時に、労働環境を改善することで、既存の社員の満足度や生産性、定着率の向上につながります。また、面接に来た方に対し実際に働きやすいオフィスを公開し、視覚的に自社の魅力をアピールすることで、「このオフィスで働きたいな」という思いから「この会社で働きたいな」という思いをもってもらうことも、採用においては非常に有効な手段です。

9.採用ブランディングを意識したオフィス構築事例

コクヨマーケティングが手掛けた「採用ブランディング」を意識したオフィス構築事例をご紹介します。


●クローダジャパン株式会社様
ビジネス拡大に伴い、社員数が増加し、より大きなオフィススペースが必要になったこと「今後のリクルーティングも意識」し、より印象の良いオフィス環境を構築するためにオフィス移転を実施されました。「スタイリッシュヨーロピアン」がテーマで、イギリスにある親会社の温かみある洗練された雰囲気が、視覚的に伝わるオフィスです。


クローダジャパン株式会社様のオフィス写真、インタビュー記事はこちらから


クローダジャパン様のオフィス(エントランス)クローダジャパン様のオフィス(食堂)

10.まとめ

採用ブランディングは、短期間で完成するものではありません。情報配信を継続し、情報は常に更新することが大切です。採用ブランディングを強化することで、自社の認知度が高まる、自社のニーズに合った人材が応募してくるなどのメリットがあります。
また、求職者にとって職場環境は非常に重要なポイントです。「このオフィスで働きたいな」と思わせる魅力的なオフィスを構築することで、企業イメージが向上し、採用力が高まるといった効果も期待できるでしょう。
コクヨマーケティングでは、年間25,000件以上の豊富な実績から、お客様の働き方に合わせた空間を提案いたします。オフィス移転はもちろんのこと、移転後のオフィス維持・運用まで、ワンストップでサポートを行っています。働きやすいオフィスを目指すなら、コクヨマーケティングにご相談ください。


オフィスのリニューアルを検討中の方へ
オフィスのリニューアルについてまずは無料相談

オフィスデザインやレイアウトを検討する際の参考に

【無料ダウンロード】オフィスレイアウト事例集


コクヨ オフィス移転・リニューアル 問い合わせ


よくあるご質問FAQ

オフィスのリニューアルに関して

社内のレイアウトを変更したいのですが、現状図がありません

正確なレイアウト設計を行うため、直接現場へお伺いして実測し、現状図を作成いたします。OA機器、サーバー、電話交換機の配線状況や、家具配置の安全性なども考慮した上で、現状図作成から変更図の作成も可能です。

業務を続けながら施工してもらうことは可能ですか?

ご依頼の内容によって異なります。家具の移動や配線工事であれば、業務を続けながら施工を行う事が可能です。
造作やパーティションの解体など、工具の音が大きく、作業スペースが必要な場合は、ビル管理と調整しながら、土日や夜間を利用して安全に施工を行います。お客様ごとに詳細なお打ち合わせをし、最適なスケジュールをご提案いたします。

どのくらいの費用がかかりますか?

リニューアル費用は、オフィスの現状や、お客様の解決すべき課題、目指す働き方によって、大きく異なります。
コクヨマーケティングでは、オフィスづくりのプロフェッショナルがヒアリングや現状調査を行い、家具やICT、内装工事からオフィスの運用方法まで、幅広いご提案をいたします。お見積りは無料で対応しております。お気軽にご相談ください。

フリーアドレスやWEB会議の導入など、新しい働き方の提案も行っていただけますか?

はい。社会の変化やお客様の課題に対して、柔軟に対応できる働き方を様々な角度からご提案いたします。時代の動きに合わせて、これからの新しい働き方を一緒に考えていただけるのが「コクヨライブオフィス」です。コクヨ社員が多様な働き方を実践するオフィスをご案内させていただきます。
詳しくはオフィス見学のページをご確認ください。

各部署の意見を取り入れたリニューアルを行いたいです。何か方法はありますか?

働く環境診断「はたなびPro」によって、社員の意識やオフィス環境の課題の見える化と、優先順位付けが可能です。
各社員に専用WEBページの案内をメールで発信し、任意の期間内で64問の質問に回答して頂く仕組みです。
コクヨマーケティングでは、診断結果をもとにレポートを作成、お客様に合ったプランをご提案いたします。診断は無料です。お気軽にお問合せください。

お問合せCONTACT

PAGETOP