コラム

役員室のレイアウトと構築のポイント

役員室は、執務を行うだけでなく、経営に関わる重要な決定を行ったり、大切なお客様との商談など様々な役割があります。
そのため、一般の社員が使用する執務スペースとは異なる、役員室特有の機能をきちんと押さえた上で、家具の選定やレイアウトの検討を進めることが大切です。

今回は、役員室を構築する上でのポイントや設置例についてご紹介します。

1.役員室の構築のポイント

役員室とは、役員が執務で使用する部屋です。重要な経営方針をスピーディーに意思決定したり、時には大切なお客様をお招きするための応接室として使用することもあります。


そのため、居心地の良さやコミュニケーションのしやすさやセキュリティ面を考慮することが大切です。
そこで、まずは役員室を構築する上で、押さえておきたいポイントを3つご紹介します。


<役員室構築のポイント>

①居心地の良さ
家具や内装のカラーや素材にこだわることで、空間全体の上質さが居心地のよさを生み、役員にふさわしい執務環境を創ります。
チェアーやデスクは、長時間座っていても疲れにくい、快適に働くことができるものを選びましょう。


②コミュニケーションのしやすさ
社内の打合せやお客様との商談など、一部屋の中でさまざまな人と接する役員個室だからこそ、コミュニケーションがしやすい空間、セッティングが重要です。


③管理のしやすさ
遮音性・遮蔽性を高めたセキュリティへの配慮や、スムーズかつ美しく配線を納めることができる機能なども考慮することで、役員だけでなく、秘書や総務担当の管理面も向上します。


役員室-1.jpg

2.役員室のレイアウト

役員室のレイアウトを検討する際、押さえておきたいのは、家具と家具、家具と壁の間の通路幅。役員室は、執務スペースと比べ人の通りは少ない分、役員の動線は広くとり、会議室や執務スペースよりも通路は狭く設定しているケースが多いです。

役員室に配置する応接セットや執務テーブル、収納設備などは、通路幅を踏まえた上で計画しましょう。



役員室-2.jpg




【関連コラム】快適なオフィスを実現するレイアウトとは?


3.役員室のカラーコーディネート

家具や内装の木の色を変えるだけで、人に与える印象は変わります。役員の働き方やコミュニケーションの取り方に合わせコーディネートすると効果的です。


●役員室のカラーコーディネート




ナチュラル系木目
ナチュラル系のカラーは、緊張感を和らげ、親しみを感じさせる空間になります。創造的かつ活発なコミュニケーションが行いやすくなります。
役員室-3.jpg




ミディアム系木目
ミディアム系のカラーは、役員の風格が表現された重厚感や上質さを感じさせる空間になります。心地よい緊張感を持ったコミュニケーションが行いやすくなります。役員室-4.jpg




ダーク系木目
ダークカラーの家具は、明るい内装と合わせることで明快なコントラストが生まれ、スタイリッシュなモダン空間を構築できます。緊張感を持った真剣なコミュニケーションが行いやすくなります。



役員室-5.jpg





4.設置例

役員室の設置例をご紹介します。




個室タイプ
機密性と高いステータス性を備えた個室型の役員室。応接セットを配置することで、VIPの対応もスムーズに行うことができます。

Y20_16_G01_CE_1001.jpg存在感のある木素材とスクエアを基調としたシンプルで格調あるデザインの家具で、上質な空間を演出パネル脚タイプのデスクは、周囲をパネルで囲っていることから、落ち着いた重厚感のある雰囲気を与えます。




半個室タイプ
執務スペースをガラスで区切った半個室タイプの役員室。機密性を保ちながら、部屋の中から双方の様子が伺えるので、社員との交流を両立したい場合におすすめです。4本脚タイプのデスクは、足元の動きが見えることから、軽快でアクティブな印象を与えます。Y7_14_712_CE_1110.jpg


今回は、役員室の構築のポイントや設置例ついて紹介させていただきました。
コクヨマーケティングは、豊富な経験やノウハウからお客様に合わせたオフィスや働き方のご提案をしております。


役員室のつくり方やレイアウトのご相談、オフィス移転などぜひお気軽にお問合せください。


【お問合せ】役員室に関するご相談はこちらから


お問合せCONTACT

PAGETOP