コラム

インナーブランディングとは|特徴、メリット、注意点、具体的な手法例など解説

インナーブランディングとは、企業理念やブランド価値を社内に対して共有することです。
この記事では、インナーブランディングに力を入れたいと考えている企業の担当者様に向けて、メリットや注意点などを解説します。
事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


オフィス移転・リニューアルを検討中の方へ
オフィス移転・リニューアルについて、まずは無料相談

1.インナーブランディングとは


インナーブランディングとは、自社の企業理念やブランド価値を社員に伝えて浸透させる活動です。
一般的に、ブランディングは社外に対して行うイメージがありますが、インナーブランディングは社内に向けて実施します。
この活動を行えば社員の企業に対するイメージが向上し、企業活動に良い影響を与えます。

・インナーブランディングの目的
インナーブランディングの目的は、企業理念や自社の価値観を共有し、社員が正しく認識できるように促すことです。
企業活動を安定的に進めるためには、内部の意識をそろえる必要があります。
インナーブランディングを実施することで、企業理念や自社の価値観を社内に浸透させて共感を得やすくなるでしょう。

・ブランディングには「外部向け」と「社内向け」がある
ブランディングとは、企業や商品の価値に対するイメージを向上させることです。
ブランディングには、社外向けのアウターブランディングと、
内部のステークホルダー向けのインナーブランディングの2種類があります。
社内外向けのブランディングにそれぞれに取り組むことによって、ブランドに一貫性を持たせることができます。

・インターナルブランディングも同義
インナーブランディングは、インターナルブランディングと呼ばれる場合もあります。
また、インターナルマーケティングやインナーマーケティングという表現もありますが、意味はいずれも同じです。

・社内外の環境変化に対応するための有効な取り組み
社内外の環境が変化している場合、インナーブランディングは変化に対応するための取り組みとして有効です。
企業価値を見直して強化したい時にも、高い効果を発揮します。
自社の価値を再確認して社員が共感を持てるように取り組みましょう。


インナーブランディング


2.インナーブランディングが重要な理由

インナーブランディングは、アウターブランディングを成功させるための土台となります。
社内で自社の価値が把握されていない場合、社外に対して正しくアピールすることはできません。
それぞれの社員に企業理念や自社の価値観を共有できれば、企業としての目標達成やブランド価値の向上も目指しやすくなります。

3.インナーブランディングのメリット


インナーブランディングにはたくさんのメリットがあります。
ここでは、具体的にどのようなメリットがあるのかを解説いたします。

社員の理解促進に役立ち、組織のパフォーマンス向上にもつながる
インナーブランディングを実施すれば、自社の価値や企業理念について社員の理解を深められます。
自社に対するイメージが向上し、社員同士の連帯感も強化できるでしょう。
その結果、目標達成を目指し、社員全員が一丸となって取り組めるようになります。
組織としてのパフォーマンスの向上も期待できます。

・社員の会社に対する愛着が増す
自分が所属している企業は価値があると認識できれば、社員の自社に対するロイヤリティやエンゲージメントも高まります。
ロイヤリティとは忠誠心、エンゲージメントは愛着のことです。
インナーブランディングは、企業と社員の信頼関係の強化につながります。

・社員の定着率が上がる、自社に合った人材の採用に繋がる
社員の自社に対する信頼が高まると、定着率の向上も期待できます
。自社の考え方に共感できる人材が増えるため、離職率の低下につながるでしょう。
自社の価値を正しく伝えられることで、自社に合う優秀な人材も採用しやすくなります。
インナーブランディングは、人材の定着や確保にも大きく貢献する可能性があります。

・社員自らが自社の魅力の情報発信を行う
社員自身が自社の価値を理解しているため、自ら情報発信できるようになります。
企業についてだけでなく、商品やサービスの魅力についても幅広い情報発信ができるでしょう。
インナーブランディングは、社外向けのアウターブランディングにも繋がります。


【関連コラム】オフィスデザインにおけるコンセプトの重要性|コンセプト策定時のポイントや事例などを紹介


オフィス


4.インナーブランディングの注意点

インナーブランディングを進める上で、気を付けることがあります。ここでは、具体的な注意点を解説いたします。

・中長期的に考える必要がある
インナーブランディングに着手しても、すぐに効果が出るわけではありません。
社員に企業理念や価値観を浸透させるには、ある程度の時間がかかります。
そのため、中長期的な目線で計画的にインナーブランディングを進める必要があります。

・価値観の共有を求めすぎると弊害が生じる可能性がある
インナーブランディングにこだわりすぎると、価値観に共有できない社員の排除につながる恐れがあります。
価値観の共有は重要ですが、多様性も大切にしましょう。
価値観への共感はあくまでも社員の意思に任せ、無理に押し付けないようにしてください。

5.オフィスづくりにも役立つインナーブランディング


インナーブランディングで社員の意思を統一するため、オフィスデザインを工夫すると効果的です。
例えば、社員の目に入りやすい場所にブランドメッセージを記載したり、
オフィスの配色にコーポレートカラーを取り入れたりする方法があります。
オフィスは企業そのものであるため、ブランドの印象に直結します。
オフィスの移転やリニューアルを実
施する際には、インナーブランディングについても意識することをおすすめします。

【関連コラム】今トレンドのオフィスデザインとは?メリットやデザインのポイント、注意点などを解説


【関連コラム】オフィス入口の整備が重要な理由とは|求められる役割、レイアウト、デザイン事例など紹介


オフィス


6.インナーブランディングのためのオフィス事例


インナーブランディングを意識しているオフィスの事例は多数あります。ここでは、具体的な事例をご紹介いたします。

事例1.一人ひとりの成長を促し、生産性を高める働き方に挑戦するワークスペース

【株式会社公文教育会様】
受付や待合スペースに世界の各拠点を記した世界地図をデザインとして取り入れ、
世界を相手にしてビジネスを進める自社の姿を表しています。


インナーブランディング


生産性を向上させるため、執務スペースや打ち合わせスペースにも工夫を取り入れました。
執務スペースは4席を1つのかたまりとして配置し、社員同士が連携しやすいように配慮しています。
また、打合せスペースにはテーブル席とソファー席を設け、状況に応じた使い方ができるようにしました。



インナーブランディング


【事例紹介】株式会社公文教育会様 一人ひとりの成長を促し、生産性を高める働き方に挑戦するワークスペース|KOKUYO



事例2.コミュニケーションの連鎖を生み出すショールーム兼オフィス



【株式会社トータテハウジング様】
ショールームを兼ね備えたオフィスにし、自社の商品の価値をすぐに感じられる空間を作っています。
具体的には、接客フロアにショールームと打合せスペースを併設しました。
自社が提供している様々なテイストのデザインを実際に目で見て確認できるようになっています。



インナーブランディング


また、執務スペースにはグループ社員や他拠点の社員も作業できる場所を設けました。
フリーアドレスを導入するなど、社員同士が気軽にコミュニケーションを取ることのできる環境を作っています。


インナーブランディング


【事例紹介】株式会社トータテハウジング様 コミュニケーションの連鎖を生み出すショールーム兼オフィス|KOKUYO



事例3.老朽化と働き方を見直し、地域性を取り入れたリニューアルオフィス


【富士通株式会社沖縄支店様
老朽化に伴い、働き方の見直しとともにオフィスをリニューアルしました。
執務スペースは、沖縄という地域性を活かしたデザインを取り入れています。
そのため、県外の支店から訪れた社員からも好評です。



インナーブランディング


海や熱帯魚を眺めながら作業できるスペースも設けており、リラックスしながら働ける環境を整備しました。
社内ミーティングや出張者のタッチダウンもできることから、インナーブランディングと働きやすさの両方を実現しています。



インナーブランディング


【事例紹介】富士通株式会社沖縄支店様 老朽化と働き方を見直すためのリニューアル|KOKUYO


7.まとめ

インナーブランディングに取り組めば、自社のビジネスの発展のために役立ちます。
社員自身が自社の魅力を理解し、社外へ積極的に発信できるようになるでしょう。
コクヨマーケティングでは、年間25,000件以上の企業に対して最適なオフィス空間を提案しています。
オフィス移転そのものだけでなく、移転後の運用までワンストップでサポート可能です。
インナーブランディングのご相談も承ります。ぜひ気軽にご相談ください。


オフィス移転・リニューアルのお問合せ


columlast.jpg

よくあるご質問FAQ

オフィス移転に関して

コストを抑えて移転を行いたいです。どんな方法がありますか?

コストを抑えた移転は、移転先ビルの選定から始まります。
お客様の働き方から、出勤率やオフィス機能を見極め、契約面積を最適化する事が重要になります。
ぜひ、移転先のビル検討からご相談ください。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もりを依頼する際に用意しておくことはありますか?

移転費用は、オフィスの面積や諸条件によって大きく異なります。

基本的には弊社の担当者が現場へお伺いし、現地調査を行った上で、お見積りを作成いたします。
現状の平面図レイアウト図や移転先の図面をご用意いただければ、より早くお見積りが可能です。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もり段階での費用は発生しますか?

基本的にお見積りは無料で対応しております。費用が発生する場合は、事前にご連絡いたします。お気軽にご相談ください。

大体どのくらい前から準備をすれば良いですか?

平均8か月~1年程度の準備期間が必要です。規模にもよりますが、短期の移転でもコクヨマーケティングなら、計画立案から移転先オフィス運用までのスケジュール提案・管理が可能です。
「初めてのオフィス移転お役マニュアル」を無料配布中です。スケジュール管理に役立つエクセル版のチェックリスト付きです。
ぜひ、ダウンロードしてご活用ください。

オフィス移転の経験がないため、何から手を付ければ良いか分かりません

お客様の環境・状況によって、何から始めれば良いのかは全く異なります。
コクヨマーケティングでは、ヒアリングや現状調査を行う事で、お客様それぞれのゴールイメージを明確化し、いつまでに何を行う必要があるのかを適切にご提案いたします。

移転準備の業務まで手が回るか心配です

年間25,000件以上の実績を持つコクヨマーケティングは、お客様の移転プロジェクトを円滑に進めるために、移転先ビルの選定かららオフィスの運用まで、ワンストップでサポートいたします。経験豊富な弊社のスタッフにおまかせください。

オフィスのリニューアルに関して

社内のレイアウトを変更したいのですが、現状図がありません

正確なレイアウト設計を行うため、直接現場へお伺いして実測し、現状図を作成いたします。OA機器、サーバー、電話交換機の配線状況や、家具配置の安全性なども考慮した上で、現状図作成から変更図の作成も可能です。

業務を続けながら施工してもらうことは可能ですか?

ご依頼の内容によって異なります。家具の移動や配線工事であれば、業務を続けながら施工を行う事が可能です。
造作やパーティションの解体など、工具の音が大きく、作業スペースが必要な場合は、ビル管理と調整しながら、土日や夜間を利用して安全に施工を行います。お客様ごとに詳細なお打ち合わせをし、最適なスケジュールをご提案いたします。

どのくらいの費用がかかりますか?

リニューアル費用は、オフィスの現状や、お客様の解決すべき課題、目指す働き方によって、大きく異なります。
コクヨマーケティングでは、オフィスづくりのプロフェッショナルがヒアリングや現状調査を行い、家具やICT、内装工事からオフィスの運用方法まで、幅広いご提案をいたします。お見積りは無料で対応しております。お気軽にご相談ください。

フリーアドレスやWEB会議の導入など、新しい働き方の提案も行っていただけますか?

はい。社会の変化やお客様の課題に対して、柔軟に対応できる働き方を様々な角度からご提案いたします。時代の動きに合わせて、これからの新しい働き方を一緒に考えていただけるのが「コクヨライブオフィス」です。コクヨ社員が多様な働き方を実践するオフィスをご案内させていただきます。
詳しくはオフィス見学のページをご確認ください。

各部署の意見を取り入れたリニューアルを行いたいです。何か方法はありますか?

働く環境診断「はたなびPro」によって、社員の意識やオフィス環境の課題の見える化と、優先順位付けが可能です。
各社員に専用WEBページの案内をメールで発信し、任意の期間内で64問の質問に回答して頂く仕組みです。
コクヨマーケティングでは、診断結果をもとにレポートを作成、お客様に合ったプランをご提案いたします。診断は無料です。お気軽にお問合せください。

お問合せCONTACT

PAGETOP