コラム

少人数オフィスのレイアウトのポイントとは?レイアウト前に検討すべきことや注意点も解説

少人数のオフィスは面積が限られています。そのため「狭い」などネガティブな印象を抱きがちです。
しかし、規模が小さいからこそのメリットもあり、工夫次第では働きやすく効率的なレイアウトを実現できます。
この記事では、少人数(~30名前後)オフィスのレイアウトのポイントや注意点、実際のレイアウト事例などを詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。


オフィスのリニューアルを検討中の方へ
オフィスのリニューアルについてまずは無料相談

オフィスデザインやレイアウトを検討する際の参考に

【無料ダウンロード】オフィスレイアウト事例集

1.少人数オフィスのレイアウトのメリット

少人数(~30名前後)のオフィスのレイアウトには、大規模オフィスにはないメリットがあります。
レイアウト検討の前におさえておきたい利点を解説します。


●レイアウトの自 由度が高い
大規模オフィスでは、社員1人ひとりの声をレイアウトに反映することは難しいでしょう。小規模だからこそ、社員の意向に沿ったユニークなレイアウトにチャレンジできます。結果的に、社員のモチベーションや生産性の向上が期待できます。


●コストを抑えられる
大規模オフィスと比べると、少人数のオフィスのほうが賃料やオフィス用品といった初期費用を少なくおさえられます。その分、オフィス用品や家具・インテリアの質にこだわれるでしょう。


●統一感を持たせやすい
小規模オフィスには、スペースやオフィス用品に限りがあります。しかし、オフィス全体のバランスを取ったデザインにしやすいというメリットがあります。スペースが広く、物も多い大規模オフィスに比べると、お好みのテイストで一体感のある「デザイン性高い空間」にもしやすいでしょう。

【関連コラム】狭いオフィスを改善しませんか?狭さを改善するアイデアやレイアウトの注意点など解説

2.レイアウト検討の前にすべきこと

少人数のオフィスレイアウトに限ったことではありませんが、オフィスのレイアウトを決める前に「自社の理想とする働き方はどのような働き方なのか」を整理することが重要です。その上で、オフィスレイアウトのコンセプトを練り上げていきましょう。


レイアウトをなんとなく決めてしまうと、業務内容や働き方にそぐわず、効率が悪くなってしまう場合もあります。どのような働き方を目指すのか、そのためにはどのようなオフィスが理想的なのかを最初にしっかり考えることが大切です。


そのほか、事前に確認・整理しておくべきことは以下のとおりです。


・オフィスの平米数
・社員数・組織体制
・各部署の業務内容
・収納の必要容量
・ネット・電話回線の数



【関連コラム】オフィスデザインにおけるコンセプトの重要性|コンセプト策定時のポイントや事例などを紹介

3.限られたスペースを有効活用!ゾーニングのポイント

小規模スペースを有効活用するには、ゾーニング(どこにどのスペースを配置するか)が極めて重要です。配置のポイントを解説します。


●1人あたりの必要面積とは
社員1人あたりの必要な執務スペースの面積は、一般的におよそ3坪と言われています。
ただし、上記はあくまで目安です。業務内容や働き方によって適切な面積は異なります。たとえば、テレワークを導入しており出社する社員数が少ない場合は、1人あたりのスペースが3坪以下でも窮屈さを感じにくいとされています。自社のスタイルに合わせて適正値を見極めることが大切です。


●各スペースの面積を適切に配分しよう
スペースごとのオフィス面積に占める割合は、以下が目安となります。
一般的にデスクワークスペースは、小規模オフィスの場合、60~70%を占める場合が多いです。


ワークスペース:50%
共有スペース:15%
役員スペース:10%
リフレッシュスペース:10%
情報管理スペース:10%
収納スペース:3%
交通スペース:2%


一般的に、家具の占有率が55%を超えると、狭さを感じやすくなると言われています。


●ミーティングスペースを軽視しない
予算やスペースが限られる中、軽視されがちなのがミーティングスペースです。
よく検討しないと、会議の進行に支障が出るなど、利用しにくい部屋になってしまいます。周囲の視線・音声がしっかり遮断できるかなども配慮して、ゾーニングを行いましょう。


●社員の希望を反映する
実際にオフィスで働いている社員のリアルな声を取り入れることで、使いやすく生産性を高めるオフィスレイアウトにつながります。たとえば、「外部とのミーティングが多い」「社員同士のコミュニケーションが不十分」「1人で集中できるスペースがほしい」など、社員のニーズに沿ってゾーニングを検討することが大切です。


コクヨでは、社員一人ひとりに対し、今の働き方やオフィスにおける「満足度」や「重要度」を調査し、その結果から、課題の優先順位づけまでを無料で行う働く環境診断「はたナビPro」というサービスをご用意しています。


【関連コンテンツ】オフィス移転の前に課題を見える化!(無料)コクヨの働く環境診断「はたナビPro」


4.少人数オフィスにおすすめのデスクレイアウト

少人数のオフィスにおすすめのデスクレイアウトを紹介します。


●島型対向レイアウト
島型対向レイアウトとは、部門・チームごとにデスクが向かい合うよう配置するレイアウトです。島型対向式デスクレイアウト


以下の利点から、少人数オフィスにおすすめです。


・グループ・部門でまとまって座ることが多く、組織単位での業務の連携がしやすい。
・お互いの様子が見えるためコミュニケーションがとりやすい
・職種を問わない汎用性の高さ
・比較的コンパクトにスペースをまとめやすい


注意すべきポイントは、以下のとおりです。


・組織変更のたびに、家具や配線の追加が必要になる
・人員増の場合は、小規模オフィスの場合、収容しきれなくなる場合もある。


また、併せて「集中しにくい」と感じる社員がいないか、感染対策は問題ないかといった配慮も必要です。


【関連コラム】おしゃれなオフィスレイアウトとは?デスク配置のパターンや事例など詳しく紹介

5.パターン別・少人数オフィスのレイアウトのポイント

オフィスレイアウトは自社の働き方などに合わせて検討することが大切です。小規模オフィスは大規模オフィスと比べて、社員のコミュニケーションがとりやすいものの、社員間で気軽に会話できるリフレッシュエリアを設置したり、複合機や文具コーナーの配置を工夫することで、よりコミュニケーションの活性化につながります。参考として、3パターンのレイアウトの考え方を解説します。


●パターン1:内勤の社員が多い
内勤者が多いオフィス・部署であれば、ワークスペースの席は固定することをおすすめします。打ち合わせが多い場合は、小規模な打ち合わせスペースを確保しましょう。スペースが十分に確保できない場合には、「用途の兼用」がおすすめです。例えば、「リフレッシュスペースと兼用する」、「日中、外回りに出ている営業の席をミーティング席として利用する」など他の用途にも転用することで、限られたスペース有効活用することができます。


●パターン2:外勤の社員が多い
営業や出張など、外勤の社員が多いオフィスでは、席を固定しないフリーアドレス制がおすすめです。ワークスペースを有効活用でき、様々なメンバーとのコミュニケーション促進にもつながります。ただし、フリーアドレスは個人の収納スペースが少なくなりがちです。パーソナルロッカーを設置するなど、別途、収納スペースを設ける工夫しましょう。フリーアドレス


【関連コラム】【導入ガイド付き】フリーアドレスとは?メリット・デメリット、成功のために実践すべき3つのポイントを解説!


●パターン3:来客が多い
会議やセミナーなど来客が多い場合は、セミナー室・応接スペースの確保はもちろん、エントランスや待合室なども十分なスペースを確保しましょう。セミナー室・応接室は、人数に応じてレイアウト変更できるよう、可変性の仕切り・デスクなどを取り入れると無駄が少なく、スペースの用途も広がります。また、来客のプライバシーの確保できるよう、エントランスから部屋までの動線には配慮しましょう。 情報漏洩対策や感染拡大防止のため、来客と社員との動線を分けるなどの工夫も必要です。レイアウト変更しやすいイス

6.少人数オフィスのレイアウトの注意点


少人数のオフィスはスペースが限られるため、大規模オフィスとは異なる配慮が必要です。注意すべきポイントを解説します。


●収納スペースは十分に確保する
少人数のオフィスでは書類などを収納するスペースが不足しがちです。解決するには、デッドスペースをいかに活用できるかがカギとなります。壁や頭上のスペースを収納に使うなどの工夫が大切です。ペーパーレス化により書類の量を減らすのも収納スペースの効率化に効果的です。また、小規模オフィスの場合、執務席に近い位置に収納がくるケースも多く、地震対策として転倒防止策が必須となります。


●パーテーションは圧迫感につながらないよう注意
小規模オフィスでパーテーションを多用すると、圧迫感につながってしまうことがあります。使用を控えオープンな空間をつくることで、開放感やコミュニケーション促進にもつながるでしょう。使う場合は、背の低いパーテーションを採用すると圧迫感を軽減することができます。WEB会議専用ブース


●“音”への配慮も必要
小規模なオフィスでは、オフィス機器の音が部屋全体に響いて気になるという声が少なくありません。大きな音が出る機器はなるべく部屋の隅に配置したり、吸音材を使ってなるべく音を小さくしたりするなど配慮しましょう。また、集中ブースやミーティングスペースは執務スペースと離し部屋の隅に配置したり、WEB会議が多い場合には遮音性能の高いWEB会議専用のブースを設けたりするのもおすすめです。圧迫感のない間仕切り


●将来的な増員も考慮して検討する
オフィスレイアウトは、社員数が増減した場合も見越して検討・設計することが大切です。特に、人数が増えた時にスペースが足りないと移転などのコストが発生します。工事や大規模なレイアウト変更をせずとも、増員に対応できるよう準備を進めておきましょう。たとえばペーパーレスなどの省スペース化を進める、オフィス家具は可変性のものを導入するといった対策が考えられます。


7.少人数オフィスのレイアウト事例

コクヨマーケティングが手掛けた少人数のオフィスレイアウト事例を紹介します。


富士通株式会社 沖縄支店様※20名規模


社員数26名/300㎡規模のオフィスレイアウト事例です。お客様からは「業務内容に応じて働く場所を選択するABWが実践できるオフィスになった」と満足のお声をいただきました。ポイントは以下のとおりです。


・執務スペース:南国・沖縄らしさを取り入れたデザイン
・ラウンジ:多目的に利用できるコミュニケーションエリアを設置
・会議スペース:会議形態によってレイアウト変更できる可動式の家具を採用

8.まとめ

少人数オフィスのレイアウトは、規模が小さいからこそのメリットやポイントがあります。一方で、居心地が悪く働きにくい空間になってしまう可能性もあるため、本記事で紹介した注意点などをぜひ参考にしてください。


少人数のオフィス設計なら、コクヨマーケティングにご相談ください。オフィス移転や移転後の維持・運用まで、ワンストップでサポートします。豊富な実績をもとに、お客様の働き方にあわせたオフィス空間を提案しているので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

オフィスのリニューアルを検討中の方へ
オフィスのリニューアルについてまずは無料相談

オフィスデザインやレイアウトを検討する際の参考に

【無料ダウンロード】オフィスレイアウト事例集


コクヨ オフィス移転・リニューアル 問い合わせ


よくあるご質問FAQ

オフィスのリニューアルに関して

社内のレイアウトを変更したいのですが、現状図がありません

正確なレイアウト設計を行うため、直接現場へお伺いして実測し、現状図を作成いたします。OA機器、サーバー、電話交換機の配線状況や、家具配置の安全性なども考慮した上で、現状図作成から変更図の作成も可能です。

業務を続けながら施工してもらうことは可能ですか?

ご依頼の内容によって異なります。家具の移動や配線工事であれば、業務を続けながら施工を行う事が可能です。
造作やパーティションの解体など、工具の音が大きく、作業スペースが必要な場合は、ビル管理と調整しながら、土日や夜間を利用して安全に施工を行います。お客様ごとに詳細なお打ち合わせをし、最適なスケジュールをご提案いたします。

どのくらいの費用がかかりますか?

リニューアル費用は、オフィスの現状や、お客様の解決すべき課題、目指す働き方によって、大きく異なります。
コクヨマーケティングでは、オフィスづくりのプロフェッショナルがヒアリングや現状調査を行い、家具やICT、内装工事からオフィスの運用方法まで、幅広いご提案をいたします。お見積りは無料で対応しております。お気軽にご相談ください。

フリーアドレスやWEB会議の導入など、新しい働き方の提案も行っていただけますか?

はい。社会の変化やお客様の課題に対して、柔軟に対応できる働き方を様々な角度からご提案いたします。時代の動きに合わせて、これからの新しい働き方を一緒に考えていただけるのが「コクヨライブオフィス」です。コクヨ社員が多様な働き方を実践するオフィスをご案内させていただきます。
詳しくはオフィス見学のページをご確認ください。

各部署の意見を取り入れたリニューアルを行いたいです。何か方法はありますか?

働く環境診断「はたなびPro」によって、社員の意識やオフィス環境の課題の見える化と、優先順位付けが可能です。
各社員に専用WEBページの案内をメールで発信し、任意の期間内で64問の質問に回答して頂く仕組みです。
コクヨマーケティングでは、診断結果をもとにレポートを作成、お客様に合ったプランをご提案いたします。診断は無料です。お気軽にお問合せください。

お問合せCONTACT

PAGETOP