コラム

オフィスインテリアの選び方|ポイントや事例をわかりやすく紹介

最近おしゃれなオフィスが増えていますが、どのようなポイントをおさえれば良いのでしょうか。
この記事では、オフィスの移転やリニューアルに際してインテリアもこだわりたいと考えている担当者様に向けて、
選び方のコツや、それぞれのメリットなどを具体的に紹介いたします。
オフィスのインテリアを考える事は、働き方について考える良いきっかけになります。
ぜひ、ご参考になさってください。

オフィス移転・リニューアルを検討中の方へ
オフィス移転・リニューアルについて、まずは無料相談

1.オフィスのインテリアとは

オフィスのインテリアは、オフィス家具だけでなく、壁紙・床材・照明など様々なものが挙げられます。
従来は、業務を進めるために必要な要素を備えていることが重視されていました。
しかし、近年はそれに加えてデザイン性にも注目する傾向が強まっています。
実用性と快適性の備わった、おしゃれなインテリアを選ぶと良いでしょう。

2.オフィスのインテリアにこだわるメリット


オフィスのインテリアにこだわると、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に解説します。

・生産性が向上する
目的に合わせてオフィスのインテリアにこだわる事で、生産性を向上させることができます。
例えば一般的な執務スペースだけでなく、より集中して業務に取り組めるスペースやリラックスできるラウンジなど、イ
ンテリアを工夫することでメリハリを付けながら仕事に取り組むことができます。
また、業務内容や気分に合わせて好きな席が選べる環境を整備することで社員のモチベーションが上がり、
会社全体の生産性の向上も期待されます。

【関連コラム】オフィスの内装をおしゃれにするには?こだわりたいポイントや注意点など解説します


【関連コラム】オフィスラウンジとは?設置による6つのメリットや導入事例など紹介


コクヨ梅田ライブオフィスコクヨマーケティング株式会社 梅田ライブオフィス



・コミュニケーションが取りやすくなる
社員の動線や目線の高さなどを考慮してオフィスのインテリアを選ぶと、コミュニケーションの促進に繋がります。
気軽に打ち合わせのできるオープンなミーティングスペースや、
所属部署を問わず誰もが利用できるカフェスペースを設ければ、
普段の業務で関わらない社員同士のコミュニケーションも生まれやすくなるでしょう。

【関連コラム】オフィス コミュニケーションを活性化するには|役立つ空間レイアウト事例など紹介


【関連コラム】オフィスにカフェスペースを!働き方を変えるオフィスカフェの活用方法・作り方をご紹介


コクヨ梅田ライブオフィス


コクヨマーケティング株式会社 梅田ライブオフィス



・会社全体のイメージアップになる
オフィスのインテリアにこだわっている会社は、来客時に良いイメージを持ってもらえる可能性が高いです。
イメージアップに成功すれば、商談や打ち合わせがスムーズに進んだり、
採用活動においても多くの人材から注目されやすくなる可能性が高まります。

【関連コラム】今トレンドのオフィスデザインとは?メリットやデザインのポイント、注意点などを解説


【関連コラム】オフィスエントランスが企業イメージを左右する|設計のポイントや注意点などを紹介


コクヨ梅田ライブオフィスコクヨマーケティング株式会社 梅田ライブオフィス


3.オフィスのインテリア選び3つのコツ


オフィスのインテリアを選ぶときは、あらゆることを意識する必要があります。
ここでは、具体的な3つのコツを解説します。

・「コンセプト」を決める
まずはオフィスのコンセプトを決めましょう。
オフィスのイメージはシック・モダン・カジュアルなど企業によって異なるため、空間に合うコンセプトを意識してください。
特に色は心理的効果が高く、業務内容によって使い分けたり、ゾーニングに利用したりするのも良いでしょう。
企業のロゴに合わせてコンセプトカラーを決定するのも1つの方法です。


【関連コラム】オフィス内装の壁紙|基本の選び方からおしゃれなオフィスにするポイントまで紹介


【関連コラム】オフィスの床がもたらす役割とは?張替時の注意点や事例など、選び方と合わせてご紹介


オフィスインテリア 色


オフィスインテリア デスク

・オフィスの規模に合わせる
オフィスの規模によって、設置できるインテリアは異なります。
オフィス家具やアイテムのサイズを事前にチェックし、実際に設置できるか確認しましょう。
ただし、オフィス家具はなるべく余裕を持って設置してください。
インテリアが動線を圧迫しないよう、ある程度の余白も確保することが大切です。
逆に、これまで使っていなかった窓際・壁際などの余ったスペースを有効活用できるケースもあります。


【関連コラム】オフィスデスクはサイズ選びが重要|それぞれのサイズの特徴や選ぶ際の注意点など解説


オフィスインテリア


【関連コラム】狭いオフィスを改善しませんか?狭さを改善するアイデアやレイアウトの注意点など解説


オフィスインテリア

・「働き方」に合わせて選ぶ
オフィスでの社員の働き方によっても、設置すべきインテリアは異なります。
例えば、事務作業と外回りのどちらが多いかによって、必要なオフィス家具は異なります。
業務内容に合わせてデスクの大きさや収納スペースの広さを決定してください。
固定席を設けるか、フリーアドレス制を導入するかについても検討が必要です。
また、WEB会議が多い場合は、周りの音を気にせず集中できるブースの導入がおすすめです。


【関連コラム】フリーアドレスデスクの選び方。種類や特徴、デスクを選ぶ前に検討すべき2つのポイントを徹底解説


【関連コラム】オフィスにWEB会議や個人ワークに役立つ「集中ブース」を導入|設置方法や注意点を紹介


WEB会議ブース


4.オフィスインテリアのおすすめアイテム


ここでは、インテリアとして取り入れたいおすすめのアイテムを紹介します。

・グリーンアイテム
オフィスには、観葉植物やフラワーボックスなどを取り入れるのもおすすめです。
グリーンアイテムがあると、仕事のストレスや視覚疲労をやわらげる効果が期待できます。
また、グリーンアイテムを上手に配置することによって、さりげなく空間を仕切る役割も果たせます。


【関連コラム】オフィス緑化がもたらす効果・メリットとは?取り入れ方の事例も紹介


オフィス グリーン


・床材
カーペットの色や柄など、床材を変える事によって、オフィスの印象は大きく変わります。
例えば執務エリアの床は業務に集中するために寒色を、休憩エリアはリラックスできるよう木目にするなど、
目的に合わせるとメリハリをつけることもできます。小上がりのスペースやラグを敷くことによって、
間仕切りやパーテーションを設置せずとも、効果的にエリア分けする事も可能です。

【関連コラム】オフィスの床がもたらす役割とは?張替時の注意点や事例など、選び方と合わせてご紹介


オフィス 床 おしゃれ


・照明
照明選びも、インテリアには欠かせないポイントの1つです。
一般的なシーリングライト以外に、天井に埋め込むダウンライトや、
空間のアクセントとして有効なペンダントライトなど、照明器具は多種多様です。
オフィスの広さや目的に合った照明を選ぶ事が大切です。


【関連コラム】オフィス照明はどう選ぶ?選ぶ際の重要ポイントや器具の種類など紹介


オフィスの照明


5.インテリアにこだわったオフィスの事例


最後に、実用性や快適性も兼ね備えた、インテリアにこだわりのあるオフィスをご紹介します。

日本軽金属グループ様
日本軽金属グループ様のオフィスではフリーアドレスを導入し、すべての席を自由に選ぶ事ができます。
ジグザグ型のデスク配置によって人の動きを誘導し、これまでになかった交流も生まれやすくなりました。


オフィスインテリア 事例


アースカラーのオフィス家具を選ぶ事によって、オフィス全体がナチュラルで明るく見えます。
また、観葉植物を多く取り入れたり、異なる床材を組み合わせたりなど、過ごしやすい空間づくりのための様々な工夫も施されています。



オフィスインテリア 事例【事例紹介】日本軽金属グループ様



【ピー・シー・エー株式会社様】
ピー・シー・エー株式会社様はリニューアルに伴ってフリーアドレスを導入し、
フロアによってそれぞれのテーマを持たせています。
5階は自然の中で仕事をしているような空間を演出し、自由な発想やカジュアルなコミュニケーションを促進しています。



オフィスインテリア 事例


3階の窓に面した明るいエリアは、気軽に利用できるオープンなミーティングスペースになっています。
また、少し離れた場所には個人で効率的に業務を行うため、大型モニターや機能性の高いチェアを取り入れた集中エリアをつくりました。



オフィスインテリア 事例


【事例紹介】ピー・シー・エー株式会社様



【株式会社トータテハウジング様】
株式会社トータテハウジング様は、2階に打ち合わせスペースやショールーム、3階にオフィスを設けています。
執務スペースは、社員同士のコミュニケーション促進を目的にフリーアドレスを導入。
仕切りの無いオープンな空間のため、執務スペース全体を見渡す事ができます。



オフィスインテリア 事例


黒を基調とした家具をメインに選んでいますが、部分的に木目調やペンダントライト、
グリーンなどを取り入れる事によって、シックになりすぎず、リラックスして仕事を行うことのできる空間となっています。



オフィスインテリア 事例


【事例紹介】株式会社トータテハウジング様


6.まとめ

オフィスのインテリアは、社員にとって働きやすい環境を整えるための大切な要素です。
目的に合わせてインテリアを選ぶ事で、従来以上に効率的に業務をこなし、いきいきと働く事ができます。
コクヨマーケティングは、年間25,000件以上の企業に対して最適なオフィス空間を提案しています。
オフィス移転だけでなく、移転後の運用についてもワンストップでサポート可能です。
また、コクヨの社員が実際に働いているオフィスの見学会も実施しております。ぜひ、お気軽にお問合せください。


オフィス移転・リニューアルのお問合せ


columlast.jpg

よくあるご質問FAQ

オフィス移転に関して

コストを抑えて移転を行いたいです。どんな方法がありますか?

コストを抑えた移転は、移転先ビルの選定から始まります。
お客様の働き方から、出勤率やオフィス機能を見極め、契約面積を最適化する事が重要になります。
ぜひ、移転先のビル検討からご相談ください。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もりを依頼する際に用意しておくことはありますか?

移転費用は、オフィスの面積や諸条件によって大きく異なります。

基本的には弊社の担当者が現場へお伺いし、現地調査を行った上で、お見積りを作成いたします。
現状の平面図レイアウト図や移転先の図面をご用意いただければ、より早くお見積りが可能です。

オフィス移転マニュアル無料配布中!ダウンロードはこちらから

見積もり段階での費用は発生しますか?

基本的にお見積りは無料で対応しております。費用が発生する場合は、事前にご連絡いたします。お気軽にご相談ください。

大体どのくらい前から準備をすれば良いですか?

平均8か月~1年程度の準備期間が必要です。規模にもよりますが、短期の移転でもコクヨマーケティングなら、計画立案から移転先オフィス運用までのスケジュール提案・管理が可能です。
「初めてのオフィス移転お役マニュアル」を無料配布中です。スケジュール管理に役立つエクセル版のチェックリスト付きです。
ぜひ、ダウンロードしてご活用ください。

オフィス移転の経験がないため、何から手を付ければ良いか分かりません

お客様の環境・状況によって、何から始めれば良いのかは全く異なります。
コクヨマーケティングでは、ヒアリングや現状調査を行う事で、お客様それぞれのゴールイメージを明確化し、いつまでに何を行う必要があるのかを適切にご提案いたします。

移転準備の業務まで手が回るか心配です

年間25,000件以上の実績を持つコクヨマーケティングは、お客様の移転プロジェクトを円滑に進めるために、移転先ビルの選定かららオフィスの運用まで、ワンストップでサポートいたします。経験豊富な弊社のスタッフにおまかせください。

オフィスのリニューアルに関して

社内のレイアウトを変更したいのですが、現状図がありません

正確なレイアウト設計を行うため、直接現場へお伺いして実測し、現状図を作成いたします。OA機器、サーバー、電話交換機の配線状況や、家具配置の安全性なども考慮した上で、現状図作成から変更図の作成も可能です。

業務を続けながら施工してもらうことは可能ですか?

ご依頼の内容によって異なります。家具の移動や配線工事であれば、業務を続けながら施工を行う事が可能です。
造作やパーティションの解体など、工具の音が大きく、作業スペースが必要な場合は、ビル管理と調整しながら、土日や夜間を利用して安全に施工を行います。お客様ごとに詳細なお打ち合わせをし、最適なスケジュールをご提案いたします。

どのくらいの費用がかかりますか?

リニューアル費用は、オフィスの現状や、お客様の解決すべき課題、目指す働き方によって、大きく異なります。
コクヨマーケティングでは、オフィスづくりのプロフェッショナルがヒアリングや現状調査を行い、家具やICT、内装工事からオフィスの運用方法まで、幅広いご提案をいたします。お見積りは無料で対応しております。お気軽にご相談ください。

フリーアドレスやWEB会議の導入など、新しい働き方の提案も行っていただけますか?

はい。社会の変化やお客様の課題に対して、柔軟に対応できる働き方を様々な角度からご提案いたします。時代の動きに合わせて、これからの新しい働き方を一緒に考えていただけるのが「コクヨライブオフィス」です。コクヨ社員が多様な働き方を実践するオフィスをご案内させていただきます。
詳しくはオフィス見学のページをご確認ください。

各部署の意見を取り入れたリニューアルを行いたいです。何か方法はありますか?

働く環境診断「はたなびPro」によって、社員の意識やオフィス環境の課題の見える化と、優先順位付けが可能です。
各社員に専用WEBページの案内をメールで発信し、任意の期間内で64問の質問に回答して頂く仕組みです。
コクヨマーケティングでは、診断結果をもとにレポートを作成、お客様に合ったプランをご提案いたします。診断は無料です。お気軽にお問合せください。

お問合せCONTACT

PAGETOP