コラム

オフィスを改装するメリットとは? 注意点や業者選びのポイントも解説

テレワークや在宅勤務など、働く場の多様化に伴い、オフィススペースの効率が悪い、使い勝手が悪いなどと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?使い勝手や居心地の悪いオフィスでは効率よく仕事ができません。


そこで、今回は、現在のオフィスに不都合を感じ、新しい働き方に適したオフィスへの改装を検討されている方に向け、オフィス改装で得られる効果やその注意点、業者選び方のポイントについて解説いたします。



オフィス移転・リニューアルを検討中の方へ
オフィス移転・リニューアルについて、まずは無料相談

1.オフィス改装の効果


オフィスを改装することで、さまざま効果が期待できます。まずはその効果について、みていきましょう。


・業務効率がよくなる
オフィスは日常的に社員が使用しますので、働き方にあわせた空間にすることで、業務効率化が期待できます。例えば、WEB会議の急増に伴い、専用のブース席の設置や、音問題に配慮した商材を取り入れることで、スムーズ且つストレスなくWEB会議を実施することが可能となり、結果的に業務効率のアップに繋がります。また、効果が出やすいのは、動線です。動線計画は目的をもって設計することが必要ですが、業務効率を重視する場合「コピーコーナーは、社員がアクセスしやすい場所に設置する」「ロッカーは出入口近辺に設置する」などといったことが例として挙げられます。


コクヨ「THE CAMPS」ワークポット(参考) コクヨ「THE CAMPUS」



・社員のモチベーションが高まる
快適なオフィス空間にすると、社員のモチベーションアップが期待できます。「使いやすい」「きれい」「おしゃれ」「居心地がよい」といったオフィスは必然的に社員の満足度が上がりますし、会社への帰属意識や、愛着も高まります。そして、さらにはこの環境を維持したいというやる気にもつながります。


コクヨ 「THE CAMPUS」 CAMP(参考) コクヨ「THE CAMPUS」


・企業のイメージアップにつながる
オフィスを訪れたお客様に良い印象を与えられることも、オフィス改装のメリットと言えます。おしゃれなオフィス空間で働くことは、社員はもちろん、お客様にも好印象を与えます。加えて、会社案内やホームページ、広告などにオフィスの写真を載せれば、企業アピールにも繋がりますし、新卒の学生が会社に興味を持つきっかけにもなるなど、ブランディングや採用力強化にも繋がります。



株式会社トータテハウジング様 施工事例株式会社トータテハウジング様 施工事例


・社内コミュニケーションが活性化する
オフィス改装を検討する際、コミュニケーションを考慮したデザイン・レイアウトにすることで社内コミュニケーションの活性化にもつながります。例えば、フリーアドレスを導入する、部署間のパーテーションを撤去する、または、自然と人が集まるメイン通路やコピー機周辺などのマグネットスペースに、ミーティングスペースを設置する、居心地のよいリフレッシュスペースを設置する等で社員同士のコミュニケーション頻度がアップします。


コクヨ 名古屋オフィス 「DAYS OFFICE」(参考) コクヨ 名古屋ライブオフィス



・コスト削減につながる
オフィス改装の際、既存の照明(基本照明・間接照明)と床壁天井の素材を見直し、空間反射率を上げることで 無駄な電気代の削減に期待ができます。
例えば、照明を蛍光管からLEDへ変更したり、空調機器を最新のものへ入替する等です。
その他、間仕切により空調効率が落ちている場合は壁を撤去する、西日が差してくる執務エリアには西日側に間仕切りを設置して直接西日が当たらないレイアウトにする等で、空調電気代の削減につながります。
※内容により、B工事となる場合があります。詳細はお問い合わせください。


2.オフィス改装の種類と費用の目安


つぎに、オフィス改装の種類と目安について解説します。


・全体的な改装
オフィスを全て作り直す全体的な改装は、デザインもレイアウトも一から設計しますので、自由度は高く様々な工夫ができますが、工数と費用は高くなります。オフィスの老朽化の激しい場合や、オフィスイメージを刷新したい場合には、この全体的な改装が適しています。

・費用の目安
全体的な改装の費用の目安は坪単価で10万円と言われています。100坪のオフィスの場合、改装費用は約1,000万円になります。
※工事の内容・使用する素材次第で金額は変動します。また、オフィス家具は含みません。
 詳しくはお問い合わせください。


・部分的な改装
オフィス自体は劣化しておらず、全体的な改装までは考えていないが、特定な場所を新しくしたい場合には、部分的な改装が適しています。例えば、企業ブランディングのために受付を改装する、生産性アップのために会議室やリフレッシュスペースを改装する、フリーアドレス導入のために執務スペースを改装するなど、目的を定めた改装であることが重要です。


・費用の目安
全体的な改装と同じく、坪単価 10万円が目安です。100坪のオフィスの場合、改装費用は約1,000万円になります。
※工事の内容・使用する素材次第で金額は変動します。また、オフィス家具は含みません。
 詳しくはお問い合わせください。

3.オフィス改装時の注意点


次に、オフィスを改装する際、注意すべきポイントについて見ていきます。


・原状回復を考慮する
賃貸オフィスは、そのオフィスから退去することになった場合、原状回復(入居前と同じ状態にすること)が必要となります。例えば、契約時からの既設のパーテーションなどを撤去した場合、原状回復の際に元に戻す必要があるので、手間と時間がかかります。
そのため、オフィス改装を行う前は、物件の所有者に工事の区分やどこまで原状回復が必要か確認しておきましょう。


・施工できる範囲を確認する
オフィス改装は工事できる範囲が決まっています。
また、建築基準法上の規定によって改装してはいけない箇所もありますし、共用部分は基本的には改装できません。変更や改装できない箇所については事前にしっかり確認しておきましょう。


・消防法を遵守する
人が集まるオフィスでは、火災が起きたときに被害を最小限に止め、適切な避難ルートを確保できるようにデザインする必要があります。
例えば、間仕切り壁を追加する場合は消防署に届け出を出さなければなりません。
消防法には、間仕切り以外にも、火災報知器、スプリンクラー 防火扉の設置などの細かい規程があります。

4.レイアウトやデザインを決めるポイント


次に、レイアウトやデザインを決めるポイントについて、解説します。


・改装の目的を明確にする
オフィス改装時には、オフィスのどのような問題を解決したいのかを明確にすることが必要です。問題解決や改善のために必要なことは何か、コミュニケーションを活性化させたいのか、集中して仕事ができるような効率的なレイアウトにしたいのかなど、解決策に優先順位をつけて考えていくとよいでしょう。


【関連コンテンツ】オフィス改装の前に課題を見える化!(無料)コクヨの働く環境診断「はたナビPro」


株式会社バンダイナムコエンターテインメント様 施工事例株式会社バンダイナムコエンターテインメント様 施工事例



・働きやすさを考慮する
また、機能や用途にあわせたゾーニングも必要です。
ゾーニングとは、オフィスのレイアウトを考える時に、執務スペースや、会議室、休憩室、など、オフィスに必要な機能どのように配置するかを検討することです。例えば、「リフレッシュスペースは執務室の近い位置に配置する」「来客用の応接室はエントランスから近い位置に配置する」といったことが挙げられます。加えて、目的にあわせた、動線をレイアウトにすることで、業務効率や生産性の向上にもつながります。


コクヨ「THE CAMP」オフィスレイアウト(参考) コクヨ「THE CAMPUS」



・コーポレートカラーを取り入れる
内装やエントランスにコーポレートカラーを取り入れることで、エンゲージメントの向上
やブランディング強化にもつながります。
企業ロゴや企業理念がイメージできるものをデザインに含めるのもよいでしょう。


株式会社公文教育研究会 東京神奈川本部様 施工事例株式会社公文教育研究会 東京神奈川本部様 施工事例



クローダジャパン株式会社様 施工事例クローダジャパン株式会社様 施工事例


5.改装を依頼する業者選びのポイント

オフィス改装を成功させるために、業者選びはとても重要です。ここでは、業者選びのポイントについて、みていきます。


・施工の実績
施工数が多い業者はさまざまなリクエストに応えられる技術やノウハウがあるので、お勧めです。事例は、ホームページ等で掲載している場合が多いので、イメージしているオフィスに似ている施工事例があるかも確認してみましょう。


・法律面に精通している
消防法や建築基準法、物件の貸主との契約関連など、法律的な問題にも対応できる業者を選ぶとよいでしょう。また、法律面でのサポートができるといった点も重要です。


・アフターサービスが確立している
その他、アフターサービスが確立していると、その後のオフィス運営がスムーズにいきます。不具合が生じた時の対応窓口体制や、保証制度、定期的な訪問やメンテナンスを行っている業者であれば安心です。

6.まとめ


今回は、オフィス改装により得られる効果や、デザインやレイアウトを決めるポイント、業者の選び方についてご紹介しました。
オフィス改装は、社員のモチベーションアップや企業ブランディングや人材の獲得、さらには、ワーカーの生産性向上を狙える、一大プロジェクトです。
だからこそ、目的を明確にして、戦略的に進めていく事が大切です。
オフィス改装のポイントを押さえ、自社の働き方に合ったオフィスづくりを実現していきましょう。


コクヨマーケティングでは、営業を中心に、設計や施工管理など各工程に対し専門スキルをもったプロフェッショナルメンバーがチームで対応いたします。
「オフィス改装の進め方がわからない」「専門知識がないため不安」などございましたら、是非お気軽にお問合せください。



columlast.jpg


お問合せCONTACT

PAGETOP